読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティム・バートンワールド全開!!不思議な世界へと迷い込む!!「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」2月3日公開!!

こんにちは!!

 

今回ご紹介させて頂く映画は

映画好きな方なら

一度は、この不思議な世界に酔い知れた事があるのではないでしょうか。

 

世にも不思議な独特の世界を作り出し

観る者を現実世界から一気に

夢のような世界へ導く

 

そして、映画を観終わった後に

なぜかほっこりとする映画が多い

 

ティム・バートン監督。

 

その監督が作り出す

 

独特の不思議な世界が満載の映画が公開されます!!

 

題名は

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

2月3日公開です!!

f:id:hakurow:20170124222927j:plain

 

この映画もCMを観ましたが

今までのティム・バートン監督作品の映画の例にもれず

 

非常に奇妙な世界観の中で

不思議な話が展開されるようです。

 

一度は現実世界を離れ

ティム・バートンの世界にどっぷりとはまってみたい

ドーモ!!hakurowです!!

 

原作は、小説で

題名は「ハヤブサが守る家」

と言い、ランサム・リグズが書いています。

 

そして、登場人物は

一癖も二癖もある人達といっても

癖というよりかは

不思議な力を使う人達と表現した方がいいかも知れませんね。

 

風を操り宙を舞う女の子や

透明人間

大きな口が後ろにある女の子

無口で極端にシャイな常にマスクをかぶっている双子や

胃の中で蜂を買う男の子

人形に命を吹き込む事が出来る男の子

予知夢を映像として映し出す事が出来る男の子

などなど

 

f:id:hakurow:20170124222938j:plain

それ以外にもさまざまな能力を持った人達が出てきます。

 

そして、この館にはそういった能力を持つ者しか訪れる事が出来ません。

 

と言う事は、主人公である男の子にも

実は、不思議な能力

があるのでは。

 

詳しい情報はありませんでしたが

主人公の男の子にもなんらかの能力があるようです。

 

そして、この話、

不思議なファンタジーのような話に見えますが

実は、ミステリー色の強いダークファンタジーの話なのです。

 

そこは、是非、ティムバートンマジックで奇妙に

そして観客を惹きつけるような映画になっていて欲しいですね。

 

では、現時点で明かされているあらすじを記載します。

あらすじ

フロリダで生まれ育ったジェイクは

孤独な少年でした。

 

周囲に馴染めずにいた彼ですが

そんな彼を唯一理解していたのが

祖父でした。

 

f:id:hakurow:20170124222954j:plain

しかし、そんな祖父も謎めいた死を遂げてしまいます。

 

そして、ジェイクは祖父の遺言にあった小さな島を

訪れます。

そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリン

不思議な能力を持った子供達が住んでいました。

 

f:id:hakurow:20170124223007j:plain

その中で、ジェイクは心を通わせ

自分の生まれ持った能力に気づき始めたちょうどそのころ

ミス・ペレグリンの屋敷に恐るべき脅威が迫っていたのでした。

キャスト・監督

キャスト

エヴァ・グリーン

エイサ・バターフィールド

サミュエル・L・ジャクソン

エラ・パーネル

ジュディ・デンチ

クリス・オダウド

ルパート・エヴェレット

 

監督

ティム・バートン

能力を持つ子供達

f:id:hakurow:20170124223028j:plain

ジェイク

本編の主人公

何らかの能力を持つ事が期待されています。

それは、映画で明らかになるようです。

 

イーノック

人形などに命を与える能力を持つ。

 

ヒュー

胃の中で、蜂を飼っている。

 

ホレース

予知夢を映像として映し出す事が出来る。

 

ミラード

透明人間

 

双子

テレパシーで話をする事が出来る。

 

エマ

風の力を利用し浮き上がる事が出来る。

 

ブロンウィン

信じられないくらいの力持ち

 

フィオナ

植物を成長させる事が出来る。

 

クレア

後頭部に大きな口がある。

 

オリーブ

指先から火が出すことが出来る。

 

ペレグリン

ハヤブサに化ける事が出来る。

 

まとめ

いやー。

こう見てみますと本当に面白そうですね。

またこの小説の設定は

ティム・バートンが非常に得意とする設定なのではないでしょうか。

 

なのでかなり期待出来る映画だと僕自身思っています。

f:id:hakurow:20170124223058j:plain

また、サミュエル・L・ジャクソン演じる奇妙な男と

主人公のジェイクのつながりや、

祖父の死にまつわる謎など

ミステリー要素もたっぷり含まれているので

非常に面白い映画だと

僕自身思っています。

 

もし、現実社会に疲れた方は

この映画を見てどっぷりとティム・バートンの世界にはまってもいいのではないかな

と思いました。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!