読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年流行りそうなバレンタインチョコ一覧②今日の映画はチャーリーとチョコレート工場です!!

こんにちは!!
先日書いたバレンタインのブログを嫁が見て

私は毎年チョコをあげてるけどな
まあ義理やけど。

と言われて、何か心にグサッと刺さる物を感じた
どーも!hakurowです!!

先日、今年流行りそうなバレンタインチョコを書かせて頂いたのですが、
まだまだありましたので記載します!!

ヴィタメール
f:id:hakurow:20160131150321j:plain
ラデュレ
f:id:hakurow:20160131150334j:plain
ジャン・ポール・エヴァン
f:id:hakurow:20160131150350j:plain
ノイハウス
f:id:hakurow:20160131150405j:plain
ロイズ
f:id:hakurow:20160131150416j:plain
ドゥバイヨル
f:id:hakurow:20160131150434j:plain
ブルガリ
f:id:hakurow:20160131150446j:plain
メリーチョコレート
f:id:hakurow:20160131150455j:plain
ゴンチャロフ
f:id:hakurow:20160131150517j:plain
伊藤久右衛門
f:id:hakurow:20160131150527j:plain
小倉山荘
f:id:hakurow:20160131150539j:plain
パティスリーキハチ
f:id:hakurow:20160131150554j:plain
etc

あとホテルなんかでも、
チョコを販売してる見たいです!
やっぱりおしゃれなチョコが多いですね!

ホテルオークラ
f:id:hakurow:20160131150617j:plain
リーガロイヤルホテル
f:id:hakurow:20160131150630j:plain
帝国ホテル
f:id:hakurow:20160131150649j:plain
ハイアットリージェンシー
f:id:hakurow:20160131150700j:plain
コンラッド東京
f:id:hakurow:20160131150709j:plain
ホテルニューオータニ
f:id:hakurow:20160131150722j:plain
ザ・リッツ・カールトン
f:id:hakurow:20160131150736j:plain
etc

これ以外にも、色んなホテルで
独自性を駆使したチョコレート
発売されますので
この際、好きな人に告白する
チョコや、大事な人に渡すチョコ

おもいっきり悩んでみてもいいんじゃないかなと思います!!

今日の映画は、チャーリーとチョコレート工場です!!
f:id:hakurow:20160131154641j:plain
この映画、ジョニーデップティムバートンがタッグを組んだ映画で
ティムバートンの世界観がたっぷりつまっている映画になっています。
f:id:hakurow:20160131154702j:plain
色彩が鮮やかで、すごく素晴らしい映画です!!
f:id:hakurow:20160131154720j:plain
映画の内容自体は、児童小説を元にしており、
非常にわかりやすい内容で、観やすくなっています。

また、途中で流れる音楽も、アップテンポの乗りやすい音楽が流れ
全体的に楽しく軽く観れる映画になっています。
f:id:hakurow:20160131154833j:plain
ご家族で観るのもいいですし、恋人や、一人で観るのもいいと思います。
f:id:hakurow:20160131154845j:plain
とにもかくにも全体的にアップテンポの素晴らしい映画になっておりますので
もしご興味がおありの方は是非ご覧になられるのもいいかなと思います。

ストーリー
貧乏な家庭に生まれたチャーリーは、日々貧しいながらも一生懸命に生きています。
そんな中、世界中で大人気のチョコを作っているウィリー・ウォンカのチョコレート工場
招待される金のチケットが5枚入ったチョコが発売されることとなりました。
f:id:hakurow:20160131154859j:plain
ウィリー・ウォンカとチョコレート工場は、その全てが秘密に包まれており、謎が多い事でも有名でした。
f:id:hakurow:20160131154910j:plain
そのチョコレート工場に招待されることとなった5人の子供たちは、工場の中で、
不思議な体験をしていきます。
そしてこの謎に包まれた人物ウィリー・ウォンカには
実は、真の狙いがあったのでした。
f:id:hakurow:20160131155423j:plain
物語は、少しマジでこんなのありって感じですすんでいきますが
まあそれも、児童小説が元になっているということで
ご愛敬として受け取って頂ければと思います。

楽しく軽い気持ちで映画を観たい方は、是非一度ご覧になられてはいかがでしょうか。