読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月はインフルエンザが一番多い時期だそうです!!対策は万全ですか?実はマスクには意外な効果が!!

こんにちは!!

先日、テレビで、風邪とインフルエンザは実は、全然違う病気だったということを知り、医療事務をしていた嫁に、自慢気に話してみると、知ってるに決まってるやん!今の常識やで!!
と言われて、非常にショックを受けた
どーも!!hakurowです!!
毎年なんか2月が、インフルエンザが、多いらしく今年も流行るそうなんですが
皆さんはどんな対策をしていますか?

インフルエンザ及び風邪の感染経路は3つ
・空気感染
飛沫感染
・接触感染

この3つの感染経路を断つ事が感染を防ぐ大きな予防になるとの事です!!

それには、以下の7つが非常に有効です!

1.手洗い、うがいをする事
2.十分な睡眠
3.バランスのいい食事とビタミン補給
4.適度な運動
5.極端な厚着、薄着をしない
6.乾燥をしたところや人ごみを避ける。
7.タバコの吸い過ぎに気をつける。

この7つを確実に行うことで、
風邪や、インフルエンザのウィルスを殺し
かなりの予防になるらしいです。

でここからが本題なんですが・・・

皆さん知ってました???

実は、最近すごく売れているあの不織布マスク
インフルエンザウィルスを普通に通すんですって!!

つまり、空気中を飛んでいる風邪やインフルエンザのウィルス(全てではありません)が口の中に入ってくる事はマスクで防ぐ事は出来ないらしいです!!

しかも、ウィルスの大きさを直径10㎝のボールとして考えると、マスクは3mの網目のフェンスくらい違うらしいです。

その10㎝のボールをそのフェンスに向かって投げると、素通りも素通り。フェンスの網目ってどこに
あるんってぐらいそのまま飛んでいきますよね!!

この話を僕が聞いた時、えっマスク意味ないやん!!って正直思いました。

僕は、
まああくまでも僕はなんですが
マスクって空気感染のフィルターみたいなもんだと思っていましたから
マスクを着けていれば、風邪、インフルエンザ予防になるんじゃないかって
ずっと思ってました。

その話を聞いた時、
今まで、何のためにマスクしてたんやろって本当に思いました。

ですが・・・

実は、マスクって立派に風邪、インフルエンザを予防しているらしいです。

それはフィルター能力もそうなんですがそれ以外のところで風邪、インフルエンザを予防しています!!そのところというのが、のどの乾燥や、飛沫感染の予防、手足からのウィルスの侵入防止です!!

まず、インフルエンザが何故冬に流行するのかをお話します!

理由は大きく2つあって
一つは、インフルエンザウイルスは、湿度が低いと活発化するということ。
もう一つは、気温が下がって湿度が低くなると体のウィルスに対する抵抗力が低くなることです!
というのものどにある線毛という毛がウィルスを絡めとり外に排出する機能をしているんですが、乾燥すると、この線毛が乾いてしまい、充分に効力を発揮しないらしく、またこの線毛を覆っている粘膜の免疫機能もうまくその機能を発揮しないらしいんですね。
また温度が低くなると体の免疫機能自体も鈍くなるらしいです!

こう考えてみる日本の冬がちょうどインフルエンザ流行にとっていいんですよね!!

なので冬にインフルエンザが多くなるんですね!!

次にマスクの効力についてですが
マスクをする事によって、口まわりの湿度が保たれのどの毛が充分に働く事が出来ます!

またマスク内の湿度が高く、温度も高いですからウイルスの機能が低下します!
そういった相乗効果によってマスクは効力を発揮しているんですね!

そして、先ほど述べた3つの感染経路で実は多いのは飛沫感染と接触感染らしく、
これについてもマスクは、効力を発揮します!

飛沫感染については、人のせきやくしゃみでウィルスが飛び散り、それが
人の口などに入る事によって、感染するのですが、そのほとんどの飛沫されるウィルスは、大きすぎてマスクを通しません!
また、接触感染についても、インフルエンザに感染している人が触ったドアノブや手すりを触ったとしてもマスクをしていれば思わず口や鼻を触ったりせず感染もしにくいらしいです!!

んでこういった事を全部考えてみれば、結局マスクは、めっちゃインフルエンザに有効(ウィルス性の風邪も感染経路はほぼ同じですので有効です。)なんですね!!

そういうことでマスクはインフルエンザ、風邪に非常に有効ですのでお出かけの際は是非お持ち頂く事をお勧め致します!!

アメリカは、逆に病気になってからマスクをつける人が多いらしいです!
それはまた別の機会にお話しますね!!


すんません!!今回は時間の都合上この辺で!おすすめ映画は、また次回から記載します!