読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生を卒業し新社会人へ⑥入社時研修について 今日の映画はメイズランナー2です!!

こんにちわ!!

この前、自動販売機でジュースを買った時に
お釣があったのでお釣を取ろうとしたら
100円が落ちてあったのを見つけて、
少しテンションが上がった
ドーモ!!hakurowです!!

もう後、半月ほどで4月です!!
学校を卒業される方、就職をされる方については新しい門出になる月ですねー!!!

今日は、学生を卒業し新社会人へ第6段入社時研修についてお話をします。

今年、新社会人になられる皆さんは、研修って受けられた事ってありますか??

まあ、研修にも色々あって、
入社研修
OJTオン ザ ジョブトレーニングの略 後でご説明します)
また、工場研修や、本社研修
はたまた、外部研修など様々あります。

会社によって導入されている研修形態はまったく違いますが
専門的な分野になればなるほど研修期間は長いように思います。

例えば、法律を扱うところや研究施設や、機械などの製造メーカーなどの大手では
しっかり座学を勉強し、その後、実地で研修を行ったりと
長い時は1年~3年程かけて、人を育てる事があるようです。
また商社や、ベンチャー系の企業は、比較的研修期間が短く、
OJTや実地研修を多くやるような傾向があります。
大体、座学があったとしても3ヶ月~6ヶ月くらいではないでしょうか。

また研修自体がまったくないというところもあります。
これは、その会社それぞれのやり方ですので
一概にどれがいいというものはなく
その会社の形態や、実情、また業界情勢などから
その会社に合った研修をされているところが多いと思います。

もし入社される会社の研修形態などについて
まだどういった研修をするか把握されていない方は、
業界研究や、企業研究などの一つとして
一度、採用担当者に聞いてみてもいいかも知れないですね!!

では、どういった研修があるか下記に記載致しますので
もしよろしければごらん頂ければと思います。

・入社研修
会社によっては、1泊2日で、合宿を行い、同僚との関係をより良好にしたり、
会社の信念や考え方などを、勉強するために行う事が多いようです。
また、1週間から1カ月くらい先輩についていき、しっかりと基礎を学ぶこともあります。
OJT(オン ザ ジョブ トレーニング)
これは、簡単に言うと、仕事をしながら覚えていくというような研修方法です。
仕事の現場に積極的に出ていく事により、現場の臨場感
座学では、絶対学べないような事案や問題にぶちあたり
それを先輩からアドバイスを頂きながら、自分の力でやってみる
というようなより実践的に研修を行う方法です。
結構この形を取っている会社は多いのではないのでしょうか。
現場にいち早く出て、やはり座学では、思いも掛けないような
物事が起こる事を経験するため、
成長は非常に速いと思います。

また、ブラック企業や杜撰な会社の場合
OJTの研修と言いながら、まったく研修などを
行わずほったらかしの場合もあるようです。

・工場研修
メーカーや、工場を持っている会社では、商品を実際に目で見て手で触れ、実感をしてもらう
ために、工場研修を取り入れるところもあるようです。
自分の実感でお客様とお話をする事が出来るので
知識と商品への応用力は非常に多く勉強できると思います。

・本社研修
これは、新入社員を全員本社に集め、一定期間、会社についてや、会社の理念、考え方、また仕事の進め方、商品などを勉強します。
新入社員が同じように、研修を受けますので、連帯感は強くなるとと思います。

・外部研修
これは、研修を外部に委託している企業が行う研修です。
例えば、外部から講師を呼んで研修を行ったり、セミナーや、研修を主にしている会社の研修センターに合宿に行ったりと、基本的な知識を学ぶ研修から、専門的な研修まで、幅広く研修を行う事が出来ます。
また、外部で研修を行うので、なれあいにならずに、しっかりと知識や、社会人のマナーなどを覚える事が出来るようです。

ざっと、入社した際の研修を上げてみました。
これ以外にも、会社特有の研修があったりして
研修に取り組む態度や、やる内容によって、
その会社の性質や、どういった会社か
今後の展望なども見えてくると思いますので
この研修をしっかり受けて、自分の会社を客観的に研究してみるのもいいのではないかなと
思います。

では今日の映画は、メイズランナー2です!!
f:id:hakurow:20160311133132j:plain

これは、原作小説があるようで、それを元に映画化をされたようなのですが
2は、メイズ(迷路)がまったく出てきません!!

それよりも、僕は、クランクというゾンビみたいな怪物や、
キュアと呼ばれる治療薬を作るために人体実験を行っているWCKD
また、それに反抗している勢力などが入り乱れ
結構複雑な話に仕上がっており、非常に面白い映画だなと感じました。
f:id:hakurow:20160311133225j:plain

うーん!
どんな映画かと一言では、なかなか言い表せないんですが
敢えて、言わせて頂くと

今までとは、まったく描かれ方が違うゾンビ映画って感じですかねー!!
f:id:hakurow:20160311133243j:plain

伝染病にかかった人間が、クランクと呼ばれる怪物になってゾンビみたいに追いかけてくるかと思えば(実際追いかけてきますが)
それが物語の主軸ではなく、あくまでも主人公が、人体実験をしているWCKDと対峙しているところが
主軸なんですね!!

f:id:hakurow:20160311133348j:plain
ですので、陰謀めいた話や、
仲間の裏切りなど、普通のゾンビ映画みたいに
ひたすら、戦うか、逃げろみたいな映画ではなく
巨大な組織に立ち向かうヒーロー譚的なストーリーに仕上がっています。
f:id:hakurow:20160311133409j:plain

また、撮り方も
非常に上手く、クランクから逃げる主人公達をみていると自分も一緒に逃げている
ような気がしてハラハラドキドキが止まりません!!
そういった、ホラーテイストの映画としても楽しめるのではないでしょうか。
他にも、一緒に逃げている主人公達の友情なども描いた作品になっており
その面でも楽しめると思います。

僕的には、もうちょっと友情で魅せるところがあっても
よかったのではないかなと思いましたが・・・。

またがっつりと1の続きになっていますので
1を見ないと話しがわかりにくいかも知れません。


ストーリー

記憶喪失になった16歳の少年が突然迷路に囲まれた土地に送り込まれます。
そこには、自分とよく似た境遇の少年達がおり、
少年達で協力し、迷路を抜けます。
ここまでが1です。

2は、この続きから、1で迷路を抜け出した少年達は、ある施設に保護されます。
そこにも、同じような少年達がおり、みんなで一緒に生活をしておりました。
そして、そこで、定期的に選出された少年達は、自由になれる土地へ行くことになります。

ですが、主人公の少年は、ひょんなことから、この施設の驚愕の真実を知ってしまうことに。

そこで、仲間達と施設を抜け出す決意をした主人公は、脱出を試みます。
f:id:hakurow:20160311133542j:plain

そして無事脱出には成功するのですが、そこには更なる驚愕の世界が広がっているのでした・・・。
f:id:hakurow:20160311133558j:plain

こういった話なんですが、結構軽い気持ちでも見れますし、
ハラハラドキドキも十分出来ますので
もしよろしければ是非一度ご覧頂ければと思います。

ではでは、今日はこの辺で!!