読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾキューン(ZQN)!をズキューンと撃ち倒せ!日本発パニックムービー!!アイアムアヒーロー!!

こんにちわ!!

今年のゴールデンウィークは、
日本にZQNがやってくる!!

原作コミックがバカ売れのパニックムービー!
アイアムアヒーロー!!
f:id:hakurow:20160324151636j:plain

僕も、仕事が忙しい時は帰る時に
ZQN見たいになってしまう
ドーモ!!hakurowです!!

今年の4月23日に
コミックス原作のアイアムアヒーローが
上映されます!!

僕自身、コミックスを見ていますので
どういう風に描かれるか、非常に楽しみです!!
主演は、大泉洋で、この映画のCMを見ましたが、
まあ、コミックスの主人公英雄にソックリですね!!
f:id:hakurow:20160324151648j:plain

アイアムアヒーローの主人公、英雄が
これまた、大泉 洋の芸風に、もうちょっとおどおどさせたような性格ですので
この辺が大泉 洋に絶妙にマッチし、コミックスでの英雄の普通の感じを
よく出せているような気がしました!

また眼鏡をかけて、ZQNを狙う仕草は
もうコミックスそのままのように思いました!

f:id:hakurow:20160324151719j:plain

そしてコミックスは、めちゃめちゃ面白いです!!
どこらへんが面白いのかと言いますと、

まず始めに、この主人公は、そこらへんにいる本当に
平凡な男で、若干鈍くさいくらいなのですが

その男が、彼女の家に行った時に、彼女の異変に気づきます。


なんと


彼女は、ZQNと呼ばれるゾンビのような存在になっていたのです。


そして、このZQNが日本各地に広まり、大パニックになるというコミックスなのですが
例えば、アメリカなどで多くゾンビなどの映画や、コミックスが作成されていますが
どこか遠くの国の出来事のような気がして
全く、現実感がないんですよねー!!

f:id:hakurow:20160324151759j:plain

ですが、このアイアムアヒーローは、主人公が普通のさえない男というところが共感を持てますし
ZQNが迫ってくるところや、コミックスの中でネットの2Chみたいなところで
ZQNについて情報交換を行っている場面や

人間もただ単に逃げるだけではなくて、
自宅で、引きこもってオタクみたいなやつがこの日本の状況を楽しんでいる場面もあり
本当に、ZQN襲来みたいなパニックが、日本に起こったら
こうなるんやろうなと思えるくらいリアリティにあふれた
作品になっています。

f:id:hakurow:20160324151822j:plain

なので、感情移入をしやすく
読んでいるあいだに
いつの間にか、物語に引き込まれてしまい
気がついたら、もう何時間も経っていたというのも
少なくありません!!

また、描き方も斬新で、ZQNが近づいてくるシーンが、
一人称のスタイルで、何コマも使い表現されているところ
もあり
臨場感もハンパなく感じる事が出来ます!!

コミックスでココまで魅せる事が出来ている作品だけに
映画版では、それにいかに近づけるか
もしくは、いかに超えられるかというところ

非常に難しいところであり、
僕自身観てみたいなと思う部分でもあります。

キャストも結構豪華で、
英雄と一緒に逃げる女子高生役を
有村架純が演じ
f:id:hakurow:20160324151839j:plain

途中で出会う看護師役を長澤まさみが演じています。
f:id:hakurow:20160324151908j:plain

その他では、片瀬那奈吉沢悠
塚地武雄などが脇を固めています。

まあ、映画版にストーリは練り直されてはいるとは
思いますが、
そういったところも含めどういった映画かなと非常に興味を持たせて頂いた
作品です。

監督も佐藤信
図書館戦争や、GANTSなどの監督ですので
アクションは、面白いのではないかなと思います。


今回の事前考察を致します。
(あくまでも僕の主観的な考えですのであしからず)

10段階評価で

ストーリー・・・6

キャスト・・・6

演出・・・7

映像・・・7

音楽・・・6

総合評価・・・6

ではでは!!今日はこの辺で!!