読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎの警察官が超かわいい!!「ズートピア」観てきましたー!!(ちょっとネタばれあります)

こんにちは!!

 

ディズニー渾身の作品とも言える

ズートピア観てきましたーー!!

f:id:hakurow:20160505235024j:plain

いやあ!!

めっちゃおもしろかったです!!

 

あんなかわいいうさぎちゃんを

是非、一匹家に欲しいと思った

ドーモ!!hakurowです!!

 

この映画

僕が思った以上に裏テーマが全体に出ていた映画でした!!

f:id:hakurow:20160505235042j:plain

本当に現代をそのままあのズートピアという動物世界に

集約したようになっていて

なりたいものになれる街と理想をスローガンに掲げている

一方で、実は、どれだけなりたいと思っても

なれない高い壁がある現実があります。

f:id:hakurow:20160505235056j:plain

そこに、うさぎで初めて警察官になった主人公の

ジュディが、その高い壁、

なりたい警察官になるべく奮闘します。

 

それがまたかわいらしいのなんのって!!

f:id:hakurow:20160505235110j:plain

このズートピアという世界は

実は、動物によって

大体なれる職業が決まっているんですね。

で、うさぎは、大体農家になる事が多いらしく

警察官は、ほとんど大型動物がなる職業なんですね!!

f:id:hakurow:20160505235123j:plain

ですので、そこにうさぎがなるというだけでも

かなりのイレギュラーな事で

上司のボロ所長は

初日から、ジュディをうとましく思い

初めに与えた仕事が、駐車違反の取り締まりでした。

f:id:hakurow:20160505235139j:plain

今、ズートピアを揺るがすような肉食動物の行方不明事件が起きているにも

関わらず、アカデミーでトップの成績を取ったジュディー

駐車違反の取り締まりを命じられ

しかも、後日にかわうその行方不明事件を追う事になった際も

48時間で見つけられなければ、くびだと言われます。

f:id:hakurow:20160505235154j:plain

僕自身、どんなけめちゃくちゃやねんと思いながら

観ていたのですが

それが、このズートピアに蔓延している差別の象徴であり

現代にも通じる事があるような出来事であったように思います。

f:id:hakurow:20160505235211j:plain

また、なぜか分からないですが

このズートピアの世界では

きつねがめっちゃ嫌われています。

 

きつねだって言うだけで

悪い事を企んでいそうとか

信じるなと言われたりします。

 

ジュディなんか

キツネ除けのスプレーも親に持たされています。

 

そんな事されたら、きつねはきつねで

世界に期待せず

きつねで出来る事って言ったら

人をだます事ってなったら

騙したくなくても皆をだましたろかなって思いますよね。

 

このジュディと一緒に行方不明事件を捜査する事になってしまう

ニックも過去にきつねっていうだけで

いじめられた事がある

つらい出来事を持ったきつねでした。

そして、現在のズートピアには、全く期待などせず

どこか冷めた感じで世界を観ています。

 

が、

 

初めは、脱税で警察に捕まりたくない一心で

ジュディに協力をしますが

ジュディも同じ境遇で苦しんでいる事を目の当たりにし

また、ジュディの諦めない心を間近で見る事により

ニックも本気でジュディの協力をするようになります。

f:id:hakurow:20160505235234j:plain

そして、捜査は進むにつれ

行方不明事件の以外な真実が浮かび上がります。

 

それと同時に、行方不明事件よりさらに奥が深い

陰謀が見えてきます。

 

全ては、その陰謀のために

仕組まれた事だったんですね!!

 

そこまで、ついにたどり着いたジュディとニック!!

意外な動物が犯人に戸惑いますが

最後は、正義を貫きます。

 

この映画、今までのディズニー映画と違い

本当に深いです。

そして、メッセージ性が非常に高い映画だと思いました。

 

映画自体は、子供向けですので

軽快なタッチで進み、しかも子供に観やすいように作られており

笑えるシーンなど

多くありますが

この映画を深く見ますと

現代の問題を浮き彫りにし

考えさせられる映画に思いました。

 

そしてジュディが最後に言います。

「お互いを信頼し、お互いの違いを認め合う事が一番大切だと思います。」

 

まさにその通りだなと感じると共に

この映画の深いメッセージにディズニー映画もやるなあと

感じました。

 

また、設定自体も面白く

一番初めに出てきたあの道具が

実は、最後の決め手になったり

初めに、いじめっ子だったキツネが

大人になって、立派にパティシエをやっていたり

 

普段、やる事なす事が全てノロいなまけものが

車に乗る時だけ180キロで飛ばすスピード狂になったりと

そしてミスタービッグという名のねずみなど

設定でも笑える所が多かったです。

 

皆さんこの映画はかなりおススメですので

是非お時間がある方はご覧頂ければと思います。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!