読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロッキー外伝!!ロッキースピリッツを受け継ぐものそれはアポロJr!!「クリード」観ました!!レビュー書きます!!

こんにちは!!

 

今日は、ロッキーの7作目

ロッキースピンオフ作品

クリード」を観ましたので

そのレビューを書きます。

f:id:hakurow:20160517155115j:plain

この映画を観た後

僕に、ロッキーのガッツの10分の1でもあったら

仕事をもっと頑張れるのにと

言い訳しながら

ソファーで横になりながら

その休日を一日ぐうたらと過ごした

ドーモ!!hakurowです!!

 

ロッキーの7作目!

いやあ!!面白かったですねえ!!

 

今回は、元ロッキーのライバルにして親友の

アポロの息子が主人公なんですね!!

f:id:hakurow:20160517155130j:plain

そして、ロッキースピリッツがアポロの息子に受け継がれると

この設定を聞いただけでも

昔、本当にビデオから火がでるんちゃうかってぐらい

何回もロッキーを観た僕からすれば

最高にわくわくする設定です!!

f:id:hakurow:20160517155144j:plain

ちょっとココで

今回の映画で

何故僕がココまで興奮していまっているか

というのをロッキーの映画をご紹介しながら

説明します。

f:id:hakurow:20160517155212j:plain

まずロッキー1

絶対王者との呼び声が高かった

アポロ・クリード

対戦するのにめぼしい選手を

探すのに苦労していました。

 

そして、地価格闘場みたいなところで、身を削りながら

ボクシングをしている無名の選手ロッキー・バルボア

ひょんな事から見つけたアポロは

対戦をするように打診します。

 

初めは、どうしようか迷っていたロッキーですが

かませ犬にされロッキーがつぶれると思った

名トレーナーのミッキー

そして、ペットショップで働く真面目な恋人エイドリアン

皆が反対する中、ロッキーは

ついにアポロと戦う事を決意します。

 

そして、そんなロッキーの姿を見て

じょじょに周りの人々が応援をし出します。

 

あくまでも、かませ犬としてしか考えておらず

アポロの勝ちは揺るがないだろうと思っていた大衆

 

そして、決戦当日・・・。

 

結果は・・・。

 

アポロの判定勝ちでした。

 

しかし、最後の最後まで

ロッキーは善戦をします。

もう最後の方は、アポロはいつ倒れても

おかしくない状況でした。

 

ボディを多様した攻撃に

アポロの得意な足が止まってしまったんですね。

最終ラウンドはぼっこぼこにされながらも

試合終了のゴングが鳴り

結果は、今までの点数が功を奏しアポロの判定勝ちでした。

f:id:hakurow:20160517155335j:plain

(ここから ロッキー2です)

これで、両者が納得行くはずがありませんよね!!

 

まあロッキー側は、結構燃え尽きた感じで

もうしないと言っていましたが

アポロの方がしつこく

ロッキーと対戦をもう一度させろと言ってきます。

 

また、街のごろつきを使い、ロッキーを挑発します。

 

そこに対しても、男の子を妊娠中のエイドリアンは

再戦に断固反対します。

 

そして、ミッキーとの練習にも身が入らないロッキー

このまま試合に臨めば確実に負けていたでしょう。

 

そんな時、エイドリアンが無事、男の子を出産します。

それを見たエイドリアンとロッキーは、そこに家庭の幸せを感じます。

 

そして、もうロッキーが子供のためにも対戦をやめようかとしていた

その時、エイドリアンが静かにロッキーの耳元で囁きます。

 

「勝って。」

 

それを聞いたロッキーは聞いた瞬間

耳を疑いますが

 

それを傍で見ていたミッキーは

「ぐずぐずしてんじゃねえ!!練習だ!!」

 

と言いロッキーを連れ出します。

 

そして、気持ち的にも練習も充実をし始めたロッキーが

ついに、アポロと2度目の対戦を行う事にします。

 

そして、結果は、ダブルダウンの末

ロッキーの勝利でした。

 

その時、アポロもロッキーの強さを認め

ロッキーが確実にアポロを超えた瞬間でした。

f:id:hakurow:20160517155513j:plain

(ここからロッキー3

そこから破竹の勢いで連勝街道を突き進んだロッキーは

伝説のチャンピオンと呼ばれるまでになっていました。

 

そんな時、ハングリー精神の塊

グラバー・ラングがめきめきと頭角を現してきます。

 

ロッキーは、チャンピオンになったおごりから

練習もろくにせず、気ままにチャンピオンライフを過ごしていました。

 

そして、ついにロッキーの前にグラバー・ラングが登場します。

 

ロッキーが記者会見をしているその場で、ロッキーを挑発します。

 

そしてロッキーは怒りに燃え

戦う事を決意します。

 

しかし、ミッキーは絶対に戦うなと言いますが・・・。

 

結果は、ロッキーの惨敗でした。

それを身体が悪くなり

試合をセコンドする事が出来なくなったミッキーに報告をしに行きます。

 

そしてミッキーが死ぬ間際

ロッキーは自分が勝ったと

嘘をつきました。

 

しかし、それを見透かしたようにミッキーは

「そうか」

 

というだけで、息を引き取ります。

 

ボクシングを教えてもらった恩師を失くし

試合には負け、戦う意欲を失くしたロッキーでしたが

 

そこに、かつてのライバル、アポロが登場します。

そしてアポロが告げます。

 

「グラバー・ラングを一緒に倒そう」と

そして、昔、ハングリー精神を取り戻すために

下町へと移り住み

練習を始めますが

どうも身が入りません。

 

また、ロッキーのやる気も全然沸いてきません。

ダッシュの練習でも途中で止まってしまう始末

しかし、そこは、今までロッキーを影で支えてきた

エイドリアン

あなたが傷つく時は、私も傷ついている

あなたは一人じゃない。

あなたはやれると思ったから、ミッキーはあなたにボクシングを

教えたんじゃない!!

とことんまでやりなさい!!

と言われたロッキーは、

そこで奮起し、アポロとの友情も深まり

 

決戦に臨むのでした・・・。

 

結果は、ロッキーの圧勝です!

 

そして、試合後練習場で

ロッキーとアポロ

たった二人だけの試合が始まるのでした。

 

もうここまで長々と読んでくださりありがとうございます!!

この時点でロッキーとアポロの友情はかなり厚くなり

そして運命の第4作目へと繋がります。

f:id:hakurow:20160517155809j:plain

そう、史上最強の敵

ドラゴの登場です。

f:id:hakurow:20160517155752j:plain

ロシアが生んだ格闘マシーンドラゴ

対戦相手をことごとく

病院送りにしてきた

この男が

ロッキーとアポロの前に立ちはだかります。

 

そして、ついにアポロとドラゴが対戦する事に・・・。

 

結果は・・・。

 

アポロの死亡

そして、アポロのKO負けでした。

 

その時、タオルを投げようとした

ロッキーですが

アポロに投げないように指示をされ

投げませんでした。

 

そうこの結果は

ロッキーが招いたとも言えるのです。

そしてその事にロッキーは悩み

ついにドラゴと対戦する事を決意します。

 

しかし、エイドリアン以下、ほとんどの者が

ロッキーが殺されると思い

対戦に反対でしたが

 

ロッキーの熱い思いは誰も変える事ができませんでした。

 

そして想像を絶するようなトレーニングを乗り越え

ついにドラゴと対決を向かえるのでした・・・。

 

結果は、最終ラウンドでロッキーのKO勝ちでした。

f:id:hakurow:20160517155853j:plain

(ここからロッキー5)

そして、対戦後帰国したロッキーは

ボクシングを引退し

コーチの仕事に就きました。

 

そこに現れたトミー・ガン

まだまだ若いこの男が

ロッキーにボクシングを教えてくれるように頼みます。

 

そして、ロッキーもそれを受け入れ

家族のようにしてトミーを育てます。

 

着々と強くなっていくトミー

しかしその選手を虎視眈々と狙う

プロモーターの影、

 

そしてトミーは、そのプロモータの下につき

ついに

富と名誉におぼれ

自分を見失ってしまいます。

 

そして、路上でロッキーに対戦を挑むのでした。

 

そう、ここで

ロッキーは、一度弟子を取り

ロッキースピリッツを教えようとしましたが

だめでした。

 

結果は、試合であればロッキーのKO勝ちです。

f:id:hakurow:20160517155911j:plain

(ここからロッキー6)

ロッキー6は、ロッキーとしての選手の系譜を本当に終わらせる意味で

出来た話だなと僕自身思いました。

 

エイドリアン亡き後、エイドリアンズというイタリアレストランを経営し

その時の無敵のチャンピオンと対戦するという話しです。

 

結果は、善戦するも

ロッキーの負けという結果で

これで、ロッキーの歴史は全て終わりました。

 

そして・・・。

ここで新たな歴史が生まれます。

 

アポロ・クリードの息子

アドニスの物語です。

 

演出の仕方、ボクシングの試合の臨場感

そして話しの面白さ

どれをとっても

非常に面白い作品だなと思いました。

f:id:hakurow:20160517155944j:plain

そして、アドニスが執拗に

ボディを狙うシーンなんかは

往年のロッキーそっくりです。

 

先ほどの5作目で、教える事が出来なかった

ロッキースピリッツをこのアドニスはしっかり

継承します。

 

病で、治療を拒んだロッキーに対しても

励まし、そして、ラストのチャンピオンと戦う際も

何度も打たれながらも前に出ます。

 

f:id:hakurow:20160517160004j:plain

まさにロッキースピリッツ

ロッキー1をそのまま現在に蘇らせたような感じでした。

 

昔から、ロッキーを観ていた僕は

ここですごく胸が熱くなり

新しい、ロッキーの物語とは言え

しっかり過去のロッキーの系譜を踏まえている演出には

本当に涙が出そうなくらい感動しました。

 

そして、一瞬でもあの映画を純粋に観ていて楽しんでいた頃に

タイムスリップしたようで

非常によかったと僕自身思いました。

 

ストーリー自体は、ロッキー1の系譜を踏まえた上で

今まで、ロッキーが出来なかった事、したかったことを

して行っている話しではないかなと思いました。

 

もし、すこしでも心に熱いものをお求めでしたら

この映画、本当におススメです!!

 

ではでは!!今日はこの辺で!!