読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事件の真相はどこに?!28年前の一家惨殺事件を追うサスペンス映画!「ダークプレイス」6月24日公開!!

こんにちは!!

 

皆さんは、あの衝撃的作品「ゴーンガール」をご存知でしょうか。

あの妻の悪女っぷりには、度肝を抜かれましたね!!

 

日本で、「僕のやばい妻」というドラマは

その映画を参考にしているとか。

 

今回ご紹介させて頂きます映画は

その「ゴーン・ガール」の原作者が

書いた小説を映画化したらしいのです。

 

ですから、またあの緊張感と2転、3転するストーリーを

楽しめる映画じゃないでしょうか。

 

その名も

「ダークプレイス」

6月24日公開です。

f:id:hakurow:20160530095632j:plain

僕も、「ゴーンガール」を見て

女の人ってほんま怖いなあと

心底震えてしまった

ドーモ!!hakurowです!!

 

そして、今回は、

28年前に起こった一家殺人事件の謎を追うようなストーリーになっています。

 

キャストも非常に豪華で

主演に

シャーリーズ・セロン

で脇を固めるのが

ニコラス・ホルト

クロエ・グレース・モレッツ

など今をときめく俳優が出演します。

f:id:hakurow:20160530095645j:plain

そして、CMを見ますと

クロエ・グレース・モレッツ

当時、犯人とされて

終身刑を受けている

シャーリーズ・セロン役の兄の恋人という役回りで

これまた妖艶な演技をするんですね!!

f:id:hakurow:20160530095657j:plain

悪魔を崇拝しているらしく

そのシーンはネットに出ていました。

 

ストーリーは

28年前に

一家惨殺事件が起こりました。

その時、容疑者として捕まったのが

長男のベンでした。

そして、唯一生き残った8歳の少女リビーの証言によって

ベンは終身刑を言い渡されます。

f:id:hakurow:20160530095710j:plain

それから現在、リビーは、成長し支援金と自叙伝の印税で暮らしています。

 

けっして裕福な暮らしとはいえませんし、時折事件の悪夢にうなされたりも

します。

f:id:hakurow:20160530095732j:plain

そんな時、殺人クラブという民間の過去の殺人事件などを追ったり検証したりする

クラブから手紙が届きます。

 

この一家惨殺事件の真相迷宮入りまでの時効が21日と迫る中、

殺人クラブは、この事件の真相究明について彼女に協力を要請します。

 

そして、高額な報酬と引き換えに彼女は事件に協力する事を決意します。

 

何故、あんな証言をしたのか。

f:id:hakurow:20160530095744j:plain

その当時の関係者と会い話しを聞いていくと共に

自分の記憶を遡り

事件の真相を探り出そうとするリビー

 

次々に、明らかになる真相によって

事件に関する、驚愕の真実が一歩一歩明らかになっていきます。

f:id:hakurow:20160530095802j:plain

果たして、事件の真相とは

 

そして、主人公のリビーが兄が犯人だと証言した謎とは

 

至高のサスペンスが今始まります。

 

といったストーリーなんですが

いやあ観てみたいですねえ!!

 

まあ主人公はすごい女優なのはもちろんの事

最近、X-menや、ジャックと天空の巨人などに出演されている

ニコラス・ホルトも僕としては注目をしていきたいと思っています。

 

今回、ニコラス・ホルトは、殺人クラブの一員で

リビーを助けながら

真相を追っていくという役どころなのですが

どういった演技をしてくれるのか

本当に気になります。

 

また、終身刑を受けたベンの

昔の彼女役のクロエ・グレース・モレッツ

今回は、悪魔崇拝者という役どころを演じ

今までのキュートなイメージとは、一転

妖艶な悪女のような演技を見せてくれるとの事です。

 

また原作の小説が、「ゴーン・ガール」を書いた人と同じ人が書いている

という事で、どんでん返しありの

めちゃくちゃ面白い作りになっているのではないでしょうか。

 

夏のじめじめした日に、こういったヒヤっとする映画でも観て

涼しくなるのもいいかも知れませんね!

f:id:hakurow:20160530095822j:plain

僕としては

これまでのサスペンス映画に一風違ったエッセンスを吹き込んでくれる事を

期待しつつ観たいなと思います。

 

もしよろしけば、是非皆さんもこの映画を観て

夏の夜をひんやりと過ごされてはいかがでしょうか。

 

僕は、この映画を観ながら

じっくりとそのサスペンスの精緻な作りにどっぷりと浸かって

感傷にひたりたいなと思います。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!