読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火星に取り残された男の孤独な戦い!!「オデッセイ」観ましたー!!(ネタばれ少しあります)

こんにちは!!

 

皆さんは、1人別の世界とも言える

他の星に取り残されてしまったらどうしますか。

 

そして、次の探査船が来るのが5年後だとしたら

 

僕だと、気が遠くなり過ぎて、失禁してしまうかも知れない

ドーモ!!hakurowです!!

 

失禁で済んだらいいですが

多分、普通であれば

死を意味しますよね。

 

しかし、今回僕が観た映画は

そうではありません。

 

最後の最後まで諦めずに

無事に地球に生還する事が出来た男の話し

「オデッセイ」です。

f:id:hakurow:20160606095626j:plain

このマット・デイモン扮する主人公が

なんと火星に置き去りにされるんですね。

 

というのも

火星には定期的に嵐が起こるようで

その嵐に巻き込まれ

研究していた部品が身体にぶつかり

死んだと思われたんですね。

 

そして女船長の苦渋の判断で

火星を後にする事に・・・。

 

しかし、砂に埋もれた火星から

這い出してきたのは

傷つき今にも気を失いそうな

マット・デイモンでした。

f:id:hakurow:20160606095639j:plain

なんとか、基地まで戻った

マット・デイモンは、自分で鏡を見ながら

傷を治療します。

 

その痛そうな事!!

この映画を観ているとき

思わず、手に力が入ってしまいました。

 

そして、冷静になったマット・デイモンは考えます。

 

何故こういう事態になったのかと

今後どうして生きていこうかなど

f:id:hakurow:20160606095651j:plain

こういう事態になり、船長の判断は正しかったと

思ったマット・デイモン

火星から脱出した

船長に理解を示します。

 

では、次にどう生きていこうかというところなのですが

 

火星では、日付をソルと呼んでいるようなのですが

みんなの食料を合わせても

1年分しか食べ物がなく

次に探査船が来るのが5年後なので

あと4年間どうして生きていくか必死に考えます。

 

この、不毛な土地、火星で

どう生きていけばいいかを真剣に考えます。

f:id:hakurow:20160606095702j:plain

ここで、僕が、すごいなあと思ったのは

マット・デイモン自体が生に対し

まったく諦める事なく

なんとか生きる道を

必死で考えます。

 

これこそ、スラムダンクのあの言葉が似合いますよね

「諦めたら、そこで試合終了だよ」

 

そして、ついにマット・デイモンは火星で生き抜く術を思いつきます。

 

それは、基地内で、畑を作る事!!

f:id:hakurow:20160606095713j:plain

幸い、感謝祭用のジャガイモと

肥料となる糞は大量にありましたので

それに、火星の土をブレンドし

世界初、火星の土で作った畑を作ります。

 

問題になるのは、

水で

今でも、水を作り出しているらしいのですが

それでは

全く間に合わないみたいで

 

畑に防水シートをはり

酸素と水素を燃焼させて水を作り出す機械を

作り上げます。

f:id:hakurow:20160606095748j:plain

何故、マット・デイモンがここまで出来るのか。

それは、マット・デイモンが植物学者だったのです。

 

そして、その知能を駆使し、

芋を育てる環境を作り上げます。

 

そうして、月日が経つと芽が出てきました。

 

そこから、芋を収穫し、生き延びる術を思いついた

マット・デイモンでした。

f:id:hakurow:20160606095811j:plain

一方、地球では

乗組員が1人死亡するという記者会見をするも

事故として処理をしようとしていたところに

1人の女の人が

衛星写真で奇妙な現象を発見します。

 

なんと砂で埋もれたはずの太陽光パネルがきれいに掃除され

機械が移動していたのでした。

 

その事実を知った直後に上司に連絡し

至急、調査をする事になりました。

 

毎日の様子を見る限り

生存が確認され

生きているのが確実視されます。

 

しかし、この時点では、クルーを見捨てたと罪の意識を

持たせないために、地球に帰還中のマット・デイモン

一緒にいた船員には

現状を伝えませんでした。

 

一方で、火星のマット・デイモン

また、新たな事を考え付きます。

 

それは、地球と交信する事。

そう、火星には

電池が切れた火星探査機があり

それを使い、地球と交信を試みるのでした。

f:id:hakurow:20160606095917j:plain

僕自身、そんなに頭がよくないので

意味がよく分からなかったのですが

 

16進法を使い、火星に残されたゲームと接続し

初めは、画像だけでしか

交信が出来なかったのですが

文字でのやり取りの交信ができるようになりました。

 

そして、今の現状の情報交換や

救出作戦などを取る段取りが急ピッチで進められます。

 

そう全ては順調に進んでいるように思いました。

確かに、この時点までは順調に進んでいたのですが

 

マットデイモンが基地外活動を行い

基地の中に戻るときでした。

 

通路のつなぎ目の部分に穴が開き

なんと爆発を起こしてしまうのです。

 

そして、吹き飛んだ扉から中に

吹き込む冷気。

 

一瞬にして畑が凍ってしまいます。

 

その空気がなくなったのと冷気で

作物を作るのに

必要なバクテリアが死滅してしまいます。

 

つまり、もう作物を作る事は出来ないという事なんですね。

 

そして、今残っている作物を計算しましたが

 

どう考えても、救出船が来るまでは

足りませんでした。

 

そして、今まで以上に無理をして

作物の補給船を作成し

打ち上げようとしましたが

それも失敗。

 

つまり、生き残るには、絶望的な状況になってしまいました。

 

それでも諦めないマット・デイモン

 

果たして、マット・デイモンは無事に地球に帰ってこれるのか。

 

ここからは映画を観て、楽しんでもらいたいと思います。

 

結局は、地球に無事帰還するのですが、

一つ、言えることはマット・デイモンはどんな時でも

諦めなかったという事ですね。

終始、冗談をいい、自分を勇気付け

 

また、船長が残した趣味の悪いディスコ音楽をかけつつ

明るく振舞います。

 

この全編に流れる音楽も、船長が好きなディスコ音楽が中心に流れ

80年代~90年代の代表する音楽が流れます。

 

それもどっかで聞いたような音楽ばかりが流れ

僕としては、何故か非常に懐かしい気分になりました。

 

話し自体を楽しめる事は

もちろんの事、音楽も楽しむ事が出来るので

非常に面白い映画だなと僕自身思いました。

 

ですが、唯一

なんでと思ったのは

一番クルーの事を考えていたNASAの人が

この件が片付いたらクビにすると言われた事です。

 

そこは、え・・・なんで

くびにせんでもいいやんって純粋に思いました。

 

まあとにもかくにも

面白い映画でしたので

まだ観ていない方は

一度観られてもいいのではないかなと思いました。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!