読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦う母親!!ナタリー・ポートマンが西部劇を舞台に暴れ回る!!「ジェーン」10月公開!!

こんにちは!!

あのかわいかった

ナタリー・ポートマン

今度は、子供のため

夫のため

悪に立ち向かいます。

 

舞台は、南北戦争直後

大切なものを守るために

1人の

母親であり

妻でもある女が

銃を手に取る・・・。

 

「ジェーン」

10月22日公開!!

f:id:hakurow:20160609145111j:plain

僕としては

「レオン」時代のかわいらしい

ナタリー・ポートマン

まさかお母さん役で登場するとは

夢にも思わなく

年を取ったなあと感じる

ドーモ!!hakurowです!!

f:id:hakurow:20160609145118j:plain

「レオン」では

陰のあるかわいい女の子を

スターウォーズ

では、アナキンの恋人

パドメ

そして、ブラック・スワン

では、表現力について悩む

天才バレリーナを演じ

見事にトップ女優へ昇りつめた

アカデミー賞女優の

あのナタリー・ポートマン

今度は

戦う母親になり

悪を駆逐します。

 

CMを観ましたが

やっぱりこの女優はすごいですね!!

 

まったくレオンの時の面影はなく

もう立派な女性として

母親としてすばらしい演技をされていました。

f:id:hakurow:20160609145125j:plain

ストーリーは

南北戦争直後

ナタリー・ポートマン演じるジェーンと夫と娘は

西部の荒野で静かに暮らしています。

 

しかし、そこに

悪名高い、ビショップ一族の首領

ビショップがジェーンの夫を銃で撃ちます。

f:id:hakurow:20160609145138j:plain

瀕死の重傷を負った夫は

命からがらジェーンの元へ

 

ビショップの恐ろしさを知る

ジェーンは

夫と娘を守るために

かつての恋人で南北戦争の英雄ダンに助けを求める事に

f:id:hakurow:20160609145148j:plain

そして、対峙する

ビショップとジェーン

果たしてジェーンは、夫と娘を守る事が出来るのか。

 

こういったストーリーになっているのですが

この悪役のビショップ

なんとユアン・マクレガーが演じます。

 

スターウォーズ」では

パドメとオビ・ワンという仲間同士だったのですが

この映画では敵同士になります。

 

そこの「スターウォーズ」との演技のギャップも楽しみたいなと思っています。

ユアン・マクレガーも演技が非常に上手で

変な人の役から、いい人の役

はたまた、悪役や

コメディとかもこなせる俳優で、オールマイティーに活躍

されている俳優です。

 

そして、元恋人のダン役には

ジョエル・エドガートンでこの俳優も

最近よく見る俳優ですよね!

 

そんな俳優に囲まれて、紅一点のナタリー・ポートマン

迫真の演技を見せてくれています。

f:id:hakurow:20160609145207j:plain

また僕的には、西部劇といえば

男臭い、男が憧れる男が主人公のものが

多いなあと思っていましたが

 

今度は、演技派女優を西部劇の主人公に据え

映画を作ったというところに

どういった作りになっているのか

また、ナタリー・ポートマン

男臭い世界観の中で

どんな演技をするのか非常に楽しみにしています。

 

ユアン・マクレガーとの絡みも

個人的には非常に観てみたいなと思いました。

 

監督も、ギャビン・オコナーで

「ウォーリアー」など

結構男臭い映画を撮っていますので

そういったところでも

ますます、ナタリー・ポートマンの演技に注目していきたいな

と思いました。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!