読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争は盤上で起きている!!史上最高の頭脳戦!!チェス世界大会での息詰まる攻防!!「完全なるチェックメイト」観ましたー!!

こんにちは!!

 

今回ご紹介させて頂きます映画は

先日レンタルが開始されました

「完全なるチェックメイトです!!

f:id:hakurow:20160714100921j:plain

皆さんはボビー・フィッシャーと呼ばれる天才をご存知でしょうか。

 

本名は、ロバート・ジェームス・フィッシャーといい

なんとIQは187もあったようで

今なお、史上最強のチェスプレイヤーと言われています。

f:id:hakurow:20160714100933j:plain

そんな、ボビー・フィッシャー

当時世界最強だと言われていたソ連勢の中でも

ずば抜けてチェスが強かった男

ボリス・スパスキーと戦った世界大会が映画になりました。

 

このスパスキーも当時は敵なしと言われるほど強く

チェス界での世界チャンピオンでした。

f:id:hakurow:20160714100948j:plain

その二人が

1972年アイスランドレイキャヴィーク

相対する事になります。

 

これだけ、すごい二人が戦う訳ですから

そりゃー、すごい試合が生まれますよね!!

 

その今までの常識を覆すような攻撃を見せるフィッシャーに

圧倒されながらも、喰らいつくスパスキー

 

そのチェスゲームの展開は

素晴らしすぎて芸術とも評されるほどだそうです。

f:id:hakurow:20160714101005j:plain

そして第6戦、ボビー・フィッシャー

今までに誰も思いつかなかった戦略でスパスキーを攻めたて

 

普通はしないらしいのですが

試合が終わった後

対戦相手のスパスキーから

拍手されるほど素晴らしい試合だったそうです。

 

ちなみに、この試合は、いまだにチェス史上最高の試合だと評されているようです。

f:id:hakurow:20160714101027j:plain

僕も、こんな頭がいい人の一部でも

脳みそがあれば

また違った人生を送れていたかなと

この映画を観て思った

ドーモ!!hakurowです!!

 

いやあー!!

この映画を観ていますと

たかがチェスの試合だとはいえ

当時の政治背景などが複雑に絡まり

選手としても

尋常ではないプレッシャーの中

チェスをしていたんだなと思い

そのプレイヤー達に心から敬意を持つ事が出来ました。

 

この映画は、試合の流れこそ

それほど多く映してはいないですが

当時のソ連とアメリカの関係の背景や

CIA、KGBの思惑

また、全世界の人々の反応

スパスキーサイドや

フィッシャーサイドの思いなど

上手く、演出されていると思います。

f:id:hakurow:20160714101039j:plain

またこのフィッシャーは

実は、非常に変わり者で、反ユダヤの発言をしたりだとか

反アメリカの発言をしたりだとか

試合中、普通の人は気にならない音に敏感に反応し

対戦場所を変更したり

試合会場に現れなかったりと

様々な奇行をする事でも有名でした。

 

事実、経済制裁中だったユーゴスラビアでチェスの試合を行うという奇行で

アメリカ国籍も剥奪されています。

 

そんな、ボビー・フィッシャーを演じるのは

僕が大好きな

ちょっと頼りない人をやらせれば一級品の

トビー・マクガイアです!

 

このトビーのフィッシャー役は

本当に素晴らしいです。

 

奇行に走るフィッシャーの演技もめちゃ上手いですが

 

チェス盤に向かうフィッシャーの目の動き方や

何かを考えるときに眉間にしわを寄せたり

目を細めたり

その表情だけで、このチェスがどれだけ緊迫した状況になっているかというのが

観ている人へひしひしと伝わってきます。

 

それだけで、僕自身、はらはらドキドキしました。

 

本当に、この役者さんは演技が上手いなあと思いました。

 

また演出も素晴らしく

過去の映像もそこかしこに散りばめ

その当時、どれだけこのチェスが注目されたのか

一目で分かるようになっています。

 

また、チェス以外でも

スパスキーと

フィッシャーお互いの陣営のやり取りや

フィッシャーとフィッシャーの家族とのやり取りも

上手く表現がされ

映画としては、非常に完成度が高いのではないかなと思いました。

 

今、将棋や、チェスにはまっている方

また世界最高峰の頭脳戦がどのように行われたかを知りたい方には

非常におススメの作品だと思います。

 

トビー・マクガイアの演技力のすごさや

魅力もふんだんに出ている映画だと思いますので

 

是非ご興味ある方は

一度ご覧になられてもいいのではないかなと思いました。

 

なんか今回は、ボビーフィッシャーの説明みたいになってしまいましたね!

 

ではでは!!今日はこの辺で!!