読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その男の子は父親が帰ってくる事を信じていた。神様の力を得るためにその少年が行った行動とは!!「リトルボーイ 小さな僕と戦争」8月27日公開!!

こんにちは!!

 

父親は戦争に行ってしまいました。

その子供は、父親の帰りをずっと待っています。

そして、神様からのパワーをもらうため神父からもらったメモを

実行し

海辺で、彼方に向かいパワーを使い

父親を引き寄せようとします。

 

そうあの時

大好きなマジシャンの前で、瓶を引き寄せたように・・・。

 

こう書いてみれば、少年が何か不思議な力を使う

ファンタジー的な作品のように見えてしまっていますが

これからご紹介させて頂きます映画は

不思議な力を使う事もなければ

ヒーロー的な活躍をする事もありません。

ジャンルとしては、人間ドラマに入るのかなあと思いますが

感動する事は間違いなしだと思います。

 

メキシコでは、ルミナス賞と呼ばれる式典で

「最高賞」

「監督賞」

「期待できる俳優賞」

のメキシコでは最高の賞を獲得し

ライフ・イズ・ビューティフル

以来の秀作だと評価される映画です。

 

リトルボーイ 小さな僕と戦争」

8月27日公開です!!

f:id:hakurow:20160728165336j:plain

僕も、これだけ息子に好かれるような父親になりたいな

と思いながら日々を過ごしています

ドーモ!!hakurowです!!

 

今回の映画は、僕自身CMを観ただけで

ちょっとウルッときてしまった作品です。

 

ストーリーは

 

時は第二次世界大戦のさなか

主人公の8歳の少年ペッパーは

いつもリトルボーイと言われていじめられていました。

f:id:hakurow:20160728165354j:plain

そんな彼は

今住んでいるアメリカ西海岸で、父親と遊ぶのが

なによりも楽しみで

父親の事が大好きでした。

 

しかし、徴兵制にひっかかった兄の代わりに父親

戦争に行くはめになってしまいます。

 

必ず戻ってくると約束をした父親でしたが

ペッパーは父親に早く帰ってきてもらいたくてたまりません。

 

そんな中、昔に大好きなマジシャンの前で

自分には、不思議な力があり、テーブルの前の瓶を自分の方へ

引き寄せた事を思い出し、

その不思議な力で、父親を戦争から引き戻そうとします。

 

そして、神父に相談に行くペッパー

そこで、神の不思議なパワーを借りたければ

このメモに書かれている行為を実行しなさいと言われます。

f:id:hakurow:20160728165417j:plain

その行為を一つ一つ真面目に行っていくペッパー

最後の行為は

日系人ハシモトと仲良くなる事・・・。

f:id:hakurow:20160728165426j:plain

敵である日本人と仲良くできるのか

とまどいながら、また、ハシモトとも反発し合いながらも

少しずつハシモトと少年ペッパーは心を通わせていきます。

 

そして

海辺に向かい

不思議なパワーを使い始めるのでした。

 

「パパはきっと僕が呼び戻すんだ」

 

そう固く胸に誓っているペッパー少年

 

しかし、そんな時

広島に通称”リトルボーイ”と呼ばれる原爆が投下されました。

 

それを知ったペッパーは

原爆の影響で多くの人々が亡くなった事を聞き

自分のせいだと深く傷つきます。

 

それをやさしく支えるハシモト達。

f:id:hakurow:20160728165449j:plain

果たして奇跡は起こるのでしょうか・・・。

 

こういった話ですが

CMを観ますと

 

はだかの人に服をあげるという行為では

妊婦さんへ

まだお腹にいる赤ちゃんに服をあげたりだとか

 

ハシモトに対しても

ヘイ!ジャップ!!

と悪気なく言ってしまったりと

ぷっとわらってしまうよな場面や

ちょっとほろっとしてしまう場面が多くあるように思いました。

 

また、結構細かいところまで演出がされて

いるようで

非常に秀逸な作品だなと感じました。

f:id:hakurow:20160728165501j:plain

ライフ・イズ・ビューティフル

と同じような感じの作品になるのでしたら

話し自体は

淡々と進むかも知れませんが

そのストーリーや

細かい演出などでは、非常に感動できるのでは

ないかなと思いました。

 

アクションで、スカッとする映画も

確かに面白いですが

こういった重みがあり、考えさせられ

ほっこりするような映画も非常にいいと思います。

 

また、戦争はどれだけ悲惨かという映画も多いですが

残された家族達がどんな思いでいるか

また、残された家族も必死で戦っているんだと

いう事を再認識させられる映画のように思いました。

 

絶対に、今年観て見ようと思った作品の一つです。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!