読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1999年そのセンセーショナルな撮影方法で、現在のアメリカホラー界を変えたとも言える世紀のホラー映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続編!!「ブレアウィッチ」12月1日公開!!

こんにちは!!

 

今回ご紹介させて頂こうと思っています映画は

低予算ながら、大成功を収めたホラー映画

ブレア・ウィッチ・プロジェクト

 

当時は、映画が公開されるまで

本当のドキュメンタリー作品として

紹介されていたこの映画

 

アメリカを恐怖のどん底へ陥れた作品だと思います。

 

その後、この映画は、作られたものとして

発表されましたが

その影響力や、その撮影方法は

その後の、アメリカホラー界に革命を起こしたとも言えるほどの作品だと思います。

 

音楽もなく、登場人物は2人で

ただ単に、森を冒険する映画を撮っており

奇妙な事が、後ろで起こるという映画で

これだけ、リアルな感じに近づけたら

 

音楽などなくても

十分に恐怖を感じるのだなと

その時、僕はこの映画を観て感じました。

 

また、その徹底した

あくまでも、学生が撮影したとされている

撮影方法には、本当に驚愕を覚えました。

 

その後、一度、「ブレアウィッチ2」という作品が作成されましたが

こちらの方は、直接の続編ではないばかりか

映画評論家から最低の評価を得てしまいました。

 

僕も観ましたが

確かに、普通のホラー映画になってしまっており

それなら、13日の金曜日や、フレディなどを見ているほうが

いいなあと思っていました。

 

今回は、違います。

 

正式な続編という事で、

ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の

15年後の作品になるようです。

 

「ブレア・ウィッチ」

12月1日公開です!!

f:id:hakurow:20160810101138j:plain

これは、ちょっと期待が出来るんじゃないかと思っています。

 

この映画が、発表された当時

自分もこんな映画だったら撮れるのではないかと考えて

友達と映画を撮りに近くの森に出かけましたが

演技がへたくそ過ぎて

ホラー映画というよりかは

コメディ映画を撮ってしまった

ドーモ!!hakurowです!!

 

今回も、前回と同じファウンド・フッテージ形式で撮られるのでしょうか。

CMを見ましたが、ファウンド・フッテージ形式のところもあれば

主人公が映っている第3者からの視点のシーンもありました。

f:id:hakurow:20160810101154j:plain

もし、ファウンドフッテージ形式でしたら

酔う可能性がありますので

車酔いする方は

目を休めながら観る形がいいのではないかなと思います。

 

あらすじ

15年前、ブラック・ヒルズ・フォレスト(通称:ブレア・ウィッチ)

で消息を絶った3人の学生。

その内の一人、へザー・ドナヒューの行方を追って

兄であるジェームズ・ドナヒューが

友人と森へ足を踏み入れようとします。

f:id:hakurow:20160810101201j:plain

魔女の存在を信じていない友人と

彼らのガイド

 

彼らが、その禁断の森へ足を踏み入れた時

彼らは、かつてない恐怖を感じる事になる。

f:id:hakurow:20160810101218j:plain

キャスト・監督

キャスト

ジェームズ・アレン・マクーン

バロエリー・カリー

キャリー・ヘルナンデス

 

監督

アダム・ウィンガード

 

まとめ

今作は、2作目の失敗を含め

かなり1作目に近づけた作品となっているようで

撮り方などに相当こだわっているようです。

 

ですので、その分恐怖は、すごく感じる事が出来るのでは

ないかなと僕自身思っています。

f:id:hakurow:20160810101226j:plain

冬の寒い時期に公開となりますが

ホラー好きな方や、

ブレア・ウィッチ・プロジェクトが好きな人は是非観て頂ければと思います。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!