読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年モーグリジャングル大冒険!!「ジャングルブック」観ましたー!!ネタばれあります!

こんにちは!!

 

今日ご紹介させて頂こうと思っている映画は

ジャングルを縦横無尽に駆け巡り

狼に育てられた少年モーグリが活躍する

ジャングルブックです!!

f:id:hakurow:20160818234446j:plain

この話自体は

元々、小説が主になっており

 

過去に何度かアニメ化をされています。

 

少年モーグリの冒険は

厳しいジャングルを生き抜く冒険であると共に

様々な困難に立ち向かっていく勇気をくれるような冒険譚になっています。

 

人間でありながら

人間として生きるのではなく

狼として生きるように

育てられた少年が

人間を憎悪する

最強のトラ

シア・カーンと対決する様は

本当に観ていてハラハラしますし

今回の映画でも

手に汗握る展開でした。

f:id:hakurow:20160818234501j:plain

僕自身、猿の王が出てきた場面で

びっくりしてしまい

映画館でコーラをこぼしてしまった

ドーモ!!hakurowです!!

 

そして、もう一つ

今回主人公を演じた男の子の演技力には

本当に脱帽しました。

 

演技がすごく上手かったです。

 

CMでも

言われていました通り

この少年以外

全てがCGだったらしいのですが

 

そんな事気にしなければ

全然わからないくらい

CGも秀逸で

少年の演技力も称賛に値する出来だったのではないでしょうか。

 

僕も、映画を観ていて

みるみる映画の中に引きこまれているのが

自分でもわかりました。

 

そんなディズニーの渾身の実写

ジャングルブック

のストーリーです。

以後ネタばれ含みますので

これからこの映画を観る方や

先を知りたくない方は

これ以上このブログを見ない事をおススメします。

ストーリー

とあるジャングルでは

狼に育てられた少年が居ました。

 

彼の名は、モーグリ

狼の母親ラクシャに付けてもらった名前です。

 

彼は、日々、兄弟とも呼べる狼たちと

遊び、またジャングルでの生き方を学ぶのでした。

 

その中で、モーグリの成長を見守っていた

ジャングルでの生き方を教えてくれた

先生とも呼べる存在の黒豹バギーラ

人間のように活動をする事を避けるように強くモーグリに言います。

 

その理由は

人間を憎悪する

最強にしてジャングルの力の象徴とも言えるトラ

シア・カーンモーグリの事を知られると

間違いなく殺されてしまうからです。

 

しかし、その日は、あっけなくやってきました。

 

水が枯渇してしまったジャングルで

少ない水場をジャングルの皆で、共有するため

一時的休戦協定を結んだ

ジャングルの動物達は

一同に、残された水場に会しました。

 

そして、そこに

例にもれず

モーグリ

シア・カーンの姿もありました。

 

匂いで、人間の匂いを敏感に感じ取った

シア・カーンは

育ての親、狼達にモーグリを差し出すように言います。

 

そうしないと

今、狼達が生活をしている丘を奪うと言います。

 

かくして

丘に戻った狼は、連日、話合いを行います。

 

そして、一つの結論を導き出します。

 

それは、モーグリを人間の村に返す事でした。

 

狼で、モーグリを育ててきた母親ラクシャは

激しく反対しますが

群れの存続に関わる事項でしたので

しぶしぶ了承しました。

f:id:hakurow:20160818234533j:plain

バギーラ先導の下

モーグリは人間の村へ帰る旅に出るのでした。

途中、大蛇に襲われたり

シア・カーンの襲撃を受けるなど

困難が立ちはだかりますが

なんとか切り抜けます。

f:id:hakurow:20160818234558j:plain

そして、蜂蜜好きなちょっとおっちょこちょいの

熊バルーと知り合い

二人は、仲を深めていきます。

f:id:hakurow:20160818234614j:plain

また、猿の王キングルーイから、動物達は

人間が持つ「赤い花」を恐れると言う事を聞き

二人で一緒にジャングルを支配しようと言われるのですが

モーグリは、人間としてではなく

狼として生きたかったので

それを断ります。

 

そして、その猿の王から

驚愕の事実を知る事になります。

 

それは、

 

狼の王にして

モーグリ父親とも言える存在だった

アキーラがシア・カーンに殺されたという事でした。

 

怒りに燃えるモーグリ

狼が棲む丘へ帰る決意をするのでした。

 

その夜

ついにモーグリ

丘へ帰ります。

片手には、人間が作り出すという

「赤い花」を持って・・・。

 

その「赤い花」は、モーグリが運んだこぼれた欠片によって

ジャングルに拡がり、ジャングルを焼きつくそうとします。

 

そう。

その動物達が恐れる「赤い花」

人間だけが作り出す事が出来、操る事ができ

ジャングルを支配する力をも得る事が出来るその「赤い花」とは

の事だったのです。

 

その炎と知恵と、ジャングルの仲間の助けを借り

シア・カーンをなんとか、炎の海に落とす事に成功し

以前、助けたジャングルの創造主、象の群れの助けで

ジャングルの炎を消し

再び、ジャングルに平和が戻るのでした。

 

キャスト・監督

二ール・セティ

 

ビル・マーレイ

ベン・キングスレー

イドリス・エルバ

スカーレット・ヨハンソン

etc

 

監督

ジョン・ファブロー

 

まとめ

このディズニー映画

子供向けに作られてはいますが

大人でも十分にハラハラドキドキ出来る作品になっていると思います。

 

また、声の出演をされている俳優さんとかも

結構有名な方が出演されているので

映画にどっぷりとはまり込む事が出来

非常に有意義な時間を過ごせるのではないかなと思いました。

 

また、そんな豪華な俳優陣に負けず

素晴らしい演技力を披露している少年モーグリ役の

二ール・セディ君の演技を観るだけでも

この映画を観る価値はあるのではないかなと思いました。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!