読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオ五輪が終わって・・・

こんにちは!!

 

今日は、ちょっといつもと趣向を変えて

ブログを書いてみようかなと思います。

 

いつもは、映画の事を書いているのですが

スポーツを見るのが僕自身非常に好きですので

今日は、昨日、閉会を迎えたリオ五輪について

僕自身が思った事などを書こうかなと思います。

 

まず今回の五輪について

日本選手の皆様、また関係者の皆様

本当にお疲れ様でした。

 

そして、素晴らしい感動を与えてくれて

また、勇気を与えてくれてありがとうございました。

 

結果的に、メダル数が過去最高の

41個で

参加国の中では6位という

本当に素晴らしい結果でした。

 

僕自身、テレビで

今日はどんな活躍をするのかという風に

連日、わくわくしながら見ていました。

 

リオ五輪をLIVEで見ようとしていたために

完全に昼と夜が逆転してしまい

仕事をする時になって

日本にいながら

時差ボケが起こってしまっている

ドーモ!!hakurowです!!

 

今回の五輪は本当に感動しましたね!!

f:id:hakurow:20160823114421j:plain

連日のメダルラッシュに加え

その種目で初めての金メダルや

種目により、全階級でメダルを取るなど

 

本当に、日本ってスポーツが強くなったなあと思いました。

 

僕自身が子供の頃は

ちょうど、日本のスポーツ低迷期といいますか

金メダルが確実視されていた競技でも

オリンピックでは駄目だったり

世界と実力の差がありすぎて

世界にまったく相手にされなかったりと

日本はスポーツは本当にあかんなあと思っていた時代でした。

 

その中でも、マラソンで高橋尚子さんが金メダルを取ったり

柔道などは、安定した強さを誇っていました。

 

そして、時は経ち

今年のリオ五輪

 

素晴らしい

感動したとしか形容できない

パフォーマンスを選手の皆様が

やってくれ

最高の夏休みになりました。

 

今までのつらい練習は

この一瞬のためにされてきた選手もいらっしゃる事でしょう。

 

また、今後の事を見据え、この五輪を土台にし

新たな境地へ踏み出す選手もいらっしゃるでしょう。

 

僕自身もスポーツを本気でしていた時期もありましたので

選手の作り上げられた肉体などを見たり

テーピングの後や、

怪我のあとなどを見ると

その練習がいかにつらく厳しいものだったか

というのが容易に想像できました。

 

また、メダルを取った選手もそうでない選手も

競技中は、本当に輝いて見えました。

 

そして、その競技の結果

うれしくて涙を流す選手。

また悔しくて涙を流す選手

喜びを体全体で表現する選手などの姿を見て

本当に、目頭が熱くなりました。

 

その中で

今回、僕が思った事は

金メダルを取る事って本当に難しい事なんだなという事でした。

 

これは、選手の競技後のインタビューから

喜びの言葉よりも

プレッシャーがかかって怖かったという言葉を多く耳にしたということと

金メダルのほとんどが逆転による金メダルだったからです。

 

これは、やはり、五輪という大舞台で、日の丸を背負っている重圧と

相手選手の意気込みなどもひときわ違っていたからなのではないかな

と思いました。

 

普段、競技中そんなところで失敗しないといわれていた選手が

失敗したり

また勝ち続けているが故に

徹底的に研究されて

思うような試合が出来なかったりと

五輪という大舞台ならではの

苦戦を選手の方々は強いられたのではないかなと

思いました。

 

その中でも

最後まで、あきらめず

逆転で勝った選手の姿は

本当に、日本人として誇らしい気持ちになりました。

 

体操の内村耕平選手(あの感動的なインタビューはまだ、心に残っています!)

レスリングの伊調馨選手(なんとオリンピック4連覇!!)

バドミントンの高橋、松友選手

など

 

逆転ではないですが

陸上の400メートルリレーで銀メダルを獲得した

ケンブリッジ、桐生、山縣、飯塚選手

あの世界最速のウサイン・ボルト選手が

笑顔で駆け寄り、見えていたというようなポーズをし

握手を交わしました。

僕的には、あのボルトにライバルとして認めてもらえたのではないかなと

勝手に解釈をしてしまいました。

 

そう全体的にオリンピックを見てみると

本当に、ヒーローがたくさん生まれましたね!!

 

そして、復活の日本シンクロ銅メダルも凄かったですよね。

 

また、惜しくも敗退してしまった選手におきましても

素晴らしいパフォーマンスを僕自身は見せてもらったと思います。

 

特に、レスリングの吉田沙保里選手には

素晴らしい試合を見せてもらい

感動のしっぱなしでした。

僕自身そんなに泣く事はないのですが

テレビの前で

久しぶりに号泣してしまいました。

 

今回の五輪において

勝ち続ける事の難しさ

努力の素晴らしさ

何事もあきらめない事で達成できる勇気など

今更ながらですが

学ぶ事が非常に多くありました。

 

本当に、いいオリンピックだったと僕自身思います。

 

そして

 

舞台は、東京へ・・・

 

リオ五輪が閉会し

バトンは、東京へ託されました。

 

様々な問題がある東京五輪ですが

2020年、最高のスポーツの祭典がやって来る事を期待しつつ

わくわくしながら2020年までの日々を過ごそうと思いました。

 

最後になりますが、

日本の選手の方々

関係者の方々

本当にお疲れ様でした。

そして、感動、勇気をありがとうございました。

 

僕は、これからもずっと微力ながら応援をしていきます。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!