読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの「アウトロー」が帰ってくる!!法で裁けない悪は俺が裁いてやる!!「ジャック・リーチャー Never go back」11月11日公開!!

こんにちは!!

 

2012年に公開された映画「アウトロー」で

「ダーティーハリー」を彷彿とさせるヒーローが誕生しましたよね。

 

彼は、元軍人で、現在は流れ者という

妙な経歴を持っているのですが

 

知る人ぞ知る

凄腕の軍人でした。

 

その名は

ジャック・リーチャー

 

法で裁けない悪を裁く!

流れ者のダークヒーローです!

 

僕自身もこの映画を観て

久しぶりに「ダーティーハリー」

みたいな映画を観たなーと思った

ドーモ!!hakurowです!!

 

前回の「アウトロー」は

意外な人が犯人で本当に面白かったですよね。

 

実は、協力をしてくれていた人が犯人で

それに気付いた時の衝撃は

やっぱり、ミステリーならではの面白さがありますよね。

 

そして、アクション!!

また、トム・クルーズの演技!!

面白かったですよね!!

 

今回はその続編

「ジャック・リーチャー Never go back」

11月11日公開です!!

f:id:hakurow:20160907232015j:plain

ジャンルは、ミステリーとアクションだと思います。

あらすじ

街から街へ放浪の旅を続ける流れ者のジャック・リーチャー

彼は、あるレストランで暴力事件を起こします。

 

しかし、捕まったのは・・・。

 

警察の方?!

 

しかし、この出来事は

全ての序章にしか過ぎませんでした。

 

彼の元同僚ターナー少佐にスパイ容疑がかかり

捕えられてしまいます。

 

そのターナー少佐を助けるために

軍に戻るリーチャーは

ターナー少佐と再会を果たします。

 

そこで、ターナー少佐の嫌疑を晴らすために行動を開始します。

f:id:hakurow:20160907232029j:plain

リーチャーは、軍の不穏な動きを察知し

深い闇っでうごめく陰謀に巻き込まれていく事になります。

キャスト・監督

キャスト

トム・クルーズ

コビー・スマルダース

ダニカ・ヤロシュ

ロバート・ネッパー

 

監督

エドワード・ズウィック

みどころ

アクション・・・「ミッション・イン・ポッシブル」ではド派手なアクションを

         スタントなしでするのが有名なトム・クルーズですが

         今回も、そのアクションシーンをほぼスタントなしで

         こなされたそうです。

 

ストーリー・・・この映画は、元々アメリカで大ヒットした小説が

        原作になっています。

        ですので、ストーリーとしても非常に面白い作りになっていると

        思います。

 

セリフ・・・またこのジャックリーチャーシリーズには、あるコンセプトがあります。

      それは、法で裁けない悪を裁くというコンセプトです。

      このコンセプトに基づいたセリフが多いのですが

      ジャック・リーチャー自身が寡黙な男と申しますか。

      男気あふれる性格で、その事をいかにも悪を裁いていますっていうような

      セリフを言う事なく、あくまでもはぐらかしながら

      悪をくじいていくのですが、そのしぐさや一言一言のセリフに

      しびれる事間違いなしだと思います。

 

まとめ

今回の映画は

前回と監督が代わり

ラストサムライ」を監督した

エドワード・ズウィックになりました。

 

前回は、前回で面白かったですが

今回は、あのサムライ魂を見事に描き出した

監督と、主演が再びタッグを組みましたので

 

ミステリーも面白そうですが

ジャックリーチャーの人間模様の描かれ方も面白いように思います。

 

ですので、男臭い映画が好きな方

また、ダーティハリーのような

アウトローヒーローが好きな方は

非常に面白く見れると思います。

 

僕もこの映画は絶対に観ようと思っています。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!