読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の中の男出てこいやー!!心が熱くなること間違いなし!!日本男児の勇猛さを描いた映画!!「海賊とよばれた男」12月10日公開です!!

こんにちは!!

 

いやあ!

寒い冬に男達の熱い映画が公開されますねー!

 

日本の石油会社

出光の実話を元に作成された映画

海賊とよばれた男

12月10日公開です!!

f:id:hakurow:20161203225540j:plain

最近、急に外が冷え込んできたので

こたつから急速に出たくなくなって

会社から帰ってきたら

芋虫みたいに毎日を過ごしている

ドーモ!!hakurowです!!

 

12月10日

とても熱い映画が公開されますね!!

 

原作本は400万部を超える大ヒットを記録し

日本人の勇敢さを描いた素晴らしい映画

海賊とよばれた男」です。

 

この原作の小説は

実話を基にして構成されているらしく

時は、戦後の日本

ちょうど復興の兆しが見えてきた頃の話です。

 

今までの石炭志向から

石油へ目を付けた

出光の実話を基に作られています。

f:id:hakurow:20161203225554j:plain

そして、この主演を演じるのが

「永遠の0」や

軍師官兵衛」などで主役を演じ

その演技力には定評のある

岡田准一です。

 

CMを見ましたが

熱い男、また巨大な敵と対峙する主人公を

見事に演じ、素晴らしい演技を披露していました。

僕自身、CMだけでも

映画に引き込まれそうになったほど

圧倒的な力強い演技力を見せていました。

f:id:hakurow:20161203225618j:plain

正直、僕は、日本の映画は全体的に

どこをとってもハリウッド映画に勝てないのではないかと感じていましたが

この岡田准一の演技力は

海外のそれと比較をしましても

まったく見劣りしないものだと思います。

 

監督は

「ALL WAYS 3丁目の夕日」「永遠の0」などで

メガホンをとっている山崎貴です。

この映画以外にも

寄生獣」や

宇宙戦艦ヤマト」の実写版などを監督され

ドラえもん STAND BY ME」

も八木竜一と共同で監督をしています。

 

かなり話題になった映画を多く撮っており

VFXの分野では、かなり有名な人だとの事です。

確かに「永遠の0」でのゼロ戦の迫力のある映像や

寄生獣」でのスリリングな戦闘シーンなどは

本当に素晴らしかったですよね!!

 

こんな二人が、「永遠の0」以来、再びタッグを組んで

しかも、原作が400万部以上を売り上げた

日本の勇敢な姿を描いた「海賊とよばれた男

を撮るのですから

面白い事間違いなしですよね。

 

CMや事前情報を観て

日本映画でここまで

ワクワクしたのはたぶん初めてです。

そんな映画のあらすじです。

あらすじ

主要燃料が石炭だった戦後の日本

石油にいち早く目を付けた男がいた

その名は、国岡鐡造。

 

国岡は、石油に将来性を感じ、石油の輸入を始めようとするが

そこには、国内の販売業者や

石油メジャー会社が目の前に

高い壁として立ちはだかる。

 

それでも、持ち前の型破りな行動力

奇想天外な発想

どんなに絶望的な状況でも決して諦めない心を武器に

その逆境へ立ち向かう。

 

そして、石油の輸入を始めた

国岡は

人生で最大の

大英帝国を敵に回すような

大事件に立ち向かう事になる。

キャスト・監督

キャスト

岡田 准一

吉岡 秀隆

染谷 将太

鈴木 亮平

野間口 徹

 

監督

山崎 貴

まとめ

小さな小さな日本が

大きな大きな世界に立ち向かい

日本の存在感を示した姿を

やっぱり映画で観るのはわくわくしますよねー!

f:id:hakurow:20161203225634j:plain

最近では

こういった事件も少なく

平和に毎日を過ごせている日本では

ありますが

そういった礎は

戦後に、不況や逆境にも負けず

決して諦めなかった日本人の心が

築き上げてきたものだと思います。

 

戦争では、日本が犯した罪の部分ばかりを取り上げられて

いるように思いますが

しかし、日本人の心の奥底には

熱い志や、優しい心など

一言では形容できない素晴らしい心を持っていると思います。

 

この映画では、

世界の巨大な敵に立ち向かって行く日本人の姿に

ハラハラドキドキしつつ

そういった熱い心を持った日本人に

共感し感動をしてもいいのではないかなと思いました。

 

とにもかくにも

久しぶりに日本映画で

ワクワクする映画に会えました。

この映画は、必ず観てみようと思っています。

 

日本人の熱い心や

先人達がどう世界に立ち向かい

今の日本があるかを少しでも感じたい方には

ぴったりの映画だと思います。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!