読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターウォーズってなんて奥深いのだ!!スターウォーズの裏設定(トリビア)を書いてみましたー!!

こんにちは!!

 

子供の頃、スターウォーズの映画を観て

ブンブン言いながらほぼ毎日ライトセーバーごっこをしていた時に

高い壁から飛び降りてしまい、足が尋常じゃないくらい腫れてしまった

ドーモ!!hakurowです!!

 

そうです!!

 

今日は・・・

 

SF映画と言えば

この映画といっても過言ではなく

上映当時、SF映画の歴史を変えたとも言われる

スターウォーズです!!

f:id:hakurow:20161215234534j:plain

スターウォーズについて

その裏設定やトリビアを知っている限り

また、書くのに疲れない限り記載していこうと思います。

 

書くのに疲れた場合は、第2弾、第3弾で記載して行こうと思っています。

(たぶん・・・)

 

皆さんまずスターウォーズがどういった話かというところなのですが

簡単に言いますと

悪の国に捕らわれた姫を主人公の勇者が

救い出しに行くといった話で

 

実は、物語としては、王道も王道で

非常に単純な話なのです。

 

まあ単純な話の方が

映画として大ヒットを飛ばす事はよくある事ですが

 

なぜこれだけスターウォーズ

大ヒットし、今でも全世界にファンがいて

これだけ神聖視されているのか。

 

その秘密は、王道を行くストーリーもありますが

その多くは、個性的なキャラ設定や、

一つ一つに細かいストーリーなどがあったり

するからではないかなと僕自身思っています。

 

またファッションや、宇宙人の奇抜な姿が

斬新で、一気に映画に引き込まれてしまうからではないかなとも思っています。

 

現に、スターウォーズが公開される日は

ストームトルゥーパーの姿をした人々や

レイア姫、ルーク、ハン・ソロの恰好をした人

そして、スターウォーズを語るうえで

決して忘れる事の出来ない悲劇の悪の象徴

ダース・ベイダーの姿をしている人が後を絶ちませんよね。

 

そして、映画が公開される日は

海外では、なんと会社を休んで観に行く人が続出し

ちょっとした社会問題にもなっていましたよね。

 

そんなスターウォーズトリビア、及び裏設定です。

 

まずは、スターウォーズのストーリーにはあまり関係ない

トリビアから。

スターウォーズ トリビア

1.実は、スターウォーズという題名は、邦題では、「惑星大戦争」という名前

 だった。

2.エピソード1の会議場のシーンで、ETが居る。

3.すべての話で、誰かが「嫌な予感がする」と発言する。

4.エピソード5でハン・ソロ小惑星帯を抜けるとき、惑星に交じって

 スニーカーやジャガイモが飛んでくる。

5.ジェダイは本来結婚はできないがキ=アディ=ムンディだけ

  結婚を認められている。

6.ダークセイバーという武器がある。

7.エピソード1のダースモールは元々スタントマンだった。

8.グリーヴァスの咳は、ジョージルーカス自身の咳だった。

9.アナキンには、パダワンが居た。

10.ダースモールには、弟がいる。

11.クイーン・アミダラの影武者を演じたのは

  なんとキーラ・ナイトレイだった。

12.三船敏郎にダースベイダー役のオファーが来ていた。

13.アメリカではエピソード3が平日に公開されたために

  仮病などで会社を休む人が続出した。

14.レイア姫のオーディションでジョディ・フォスターが最終選考まで残っていた。

15.ルーカスの子供が出演している。

16.ジェダイの衣装は柔道着や着物をモチーフにしている。

17.各エピソードのどこかに1138という数字がある。

18.サミュエル・L・ジャクソンは、ノーギャラでもいいからヨーダと共演させてくれ

  と頼み込んだ。

19.ヨーダは9世紀生きた。

20.グリーヴァスはジオノーシスの戦いにも参加していた。

21.ライトセーバーでの戦闘シーンを撮影中、

  興奮してしまったユアン・マクレガーは声でライトセーバーの擬音を出していた。

スターウォーズ ストーリー設定(正史問わず)

1.ダースベイダー(アナキン)には父親はいない。

  これは、アナキンの母親、シミ・スカイウォーカーによって語られました。

 それを聞いたクワイ・ガン・ジンは、アナキンを選ばれし者なのではないかと

 考えました。

 

2.「スターウォーズ フォースアンリーシュド」ゲームの中で、

  ダースベイダーは、シスの、1師匠1弟子の掟を破り

  スターキラーというクローンを弟子にしています。

  また反乱軍にも捕えられています。

 

3.スターウォーズ最強のジェダイナイトはメイス・ウィドウ

 これには、諸説ありますが、基本的にライトセーバーには

 7つの型があり、それによって、相性が決まっています。

 そのため、この相手には敗れたが、その相手を倒した

 こいつには勝ったなど。

 (オビワンに勝ったドゥークー伯爵をアナキンが倒したが

  そのアナキンは、オビワンに敗けた)

 

4.ダース・モールは実は生きていた。

 ダース・モールはオビワンに倒された後、

 スターウォーズのスピンオフ作品、「クローンウォーズ」にて

 6本足の疑似生体装置を付け、生き延びていました。

 記憶は失っていましたが、オビワンへの怨念だけは忘れていませんでした。

 

5.スターウォーズには、正史(カノン)と非正史(レジェンズ)があり

 スターウォーズ1~6および、「クローンウォーズ」「反乱者たち」 

  とディズニーでの今後の映画をカノンとみなし

 それ以外はレジェンズとしました。

 

6.ライトセーバーの色の違いについて

 ジェダイは、青や緑、シスは、赤色ですが

 これは、ライトセーバーに使用している

 鉱石に違いがあるらしく、ジェダイは、天然石のアデガン・クリスタルを使用し

 シスの方は、人口石のアデガンクリスタルを使用しているとのことです。

 またメイス・ウィドウのライトセーバーが紫色なのは

 メイスウィドウ役のサミュエル・L・ジャクソンがだだをこねたらしいです。

 ライトセーバー 7つの型

1.シャイ=チョー

 (サルラックの戦法)

 ライトセーバーの中で最も基本的なシンプルなフォーム

 フェンシングの理論に基づいており、ジェダイ・パダワンは

 まずこの型を練習します。

 (使い手:キット・フィストー)

 

2.マカシ

  (イサラミリの戦法)

 対ライトセーバー戦に特化した型で

 剣術や剣捌きは、型の中でもトップレベル。

 シス卿に使用者が多い。

 (使い手:ドゥークー伯爵)

 

3.ソレス

  (マイノックの戦法)

  防御を重視し、相手の隙をつく戦法です。

 多数の相手や、レーザー銃をはじくと同時にはじいたレーザーで反撃するなど

 防御を重視しつつ攻撃を視野にいれた型ですので、この型をマスターしたものは

 ジェダイで最強になれるとも言われています。

 (使い手:オビ ワン ケノービ)

 

4.アタロ

  (ホーク=バットの戦法)

 7つの型の中で最もアクロバットな型です。

(使い手:ヨーダ パルパティーン

 

5.シエン

  (クレイト・ドラゴンの戦法)

 ソレスとアタロから派生した型で

 ライトセーバーと力を重視した型です。

 連続攻撃で、相手の防御を崩し攻撃するといった戦い方をします。

 ダースベイダーや、アナキンがごりごり力で相手をなぎ倒していったのも

 この型の使い手だったからなんですね。

 (使い手:アナキン ダースベイダー)

 

6.ニマーン

 (ランコアの戦法)

 今までの型をバランスよく取り入れた型で

 ジェダイの哲学に即したフォームだとも言えます。

 他の型との連携に非常に向いています。

 保守的なジェダイがよく使うようです。

 (使い手:シャアク・ティ)

 派生型・・・ジャーカイ

 

7.ジュヨー

  (ヴォーンスクローの戦法)

 静と動の両方を併せ持つ型で、身のこなし太刀筋などが予想しづらく

 見切るのは極めて困難を極めます。

 そのため、習得するのも困難を極め、ジェダイの中でも一部のマスターしか

 習得していません。

 (使い手:ダースモール)

 派生型・・・ヴァーパッド

       (使い手:メイス・ウィドウ)

まとめ

こんな感じで、スターウォーズには

様々な裏設定や、ストーリーがあります。

また正史(カノン)以外にも

レジェンス(非正史)では

ハン・ソロの子供達が、シスとジェダイに分かれて戦ったり

史上最強のシスが登場し、銀河を揺るがす戦いをし

ジェダイが何人もかかりやっとのことで封印した者など

レジェンスはレジェンスで非常に面白いと思いますので

そちらの方も興味があれば

ご覧頂ければ、より深くスターウォーズを楽しめるのではないかなと思います。

 

また、これ以外にもまだまだスターウォーズにまつわる伝説や

裏話がありますので

そういったところを勉強しつつ、今後のスターウォーズを見られてもいいのでは

ないかなと思います。

 

そして、僕自身もまたスターウォーズの特集をしていければ

と思っておりますので

その際は是非どうぞよろしくお願いします。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!