読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しびれる最高の海賊映画!!「パイレーツ・オブ・カリビアン」 裏話 トリビア 集めてみましたー!!

こんにちは!!

 

最近、急に冷え込んだせいか

家のこたつから急速に出たくなくなっている

ドーモ!!hakurowです!!

 

一度は、皆さんも憧れたことがあるのではないでしょうか。

 

海を縦横無尽に駆け巡り

何にも縛られず自由という名の元に

生きる海賊・・・。

 

そんな海賊映画の最高峰とも言える映画が

2003年ディズニー映画として公開されました。

 

その映画の主人公の二人は

性格も全く違う二人でしたが

そこが上手く噛み合い

かつてない海賊人気を築きあげましたよね。

 

いつも自由で、何を考えているか良く分からない

チャラチャラしているが

やる時は、必ずやり遂げる

ジャック・スパロウ

 

真面目で、一途に恋人の事を思い

リーダーシップも当然ながら

勇気や、知力などもある

ウィル・ターナー

 

この二人の掛け合いが

非常に面白く

また、とてつもなくカッコいいですよね。

 

その映画の名は、みなさんもご存じの

パイレーツ・オブ・カリビアン

です!!

f:id:hakurow:20170212142534j:plain

 

そして、脇を固める役も

これまたかっこいいんです!!

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

で、ジャック・スパロウと死闘を演じた

ジェフリー・ラッシュ演じる

バルボッサや

 

第2作 第3作で登場した

海賊たちが恐れる

海の番人とも言える

ビル・ナイ演じる

ディヴィー・ジョーンズ

 

最強にして最悪の海賊

イアン・マクシェーン演じる

黒ひげことエドワード・ティーチなど

 

こんなちょっと設定を聞くだけでも

ゾクゾクするようなキャラクターたちに囲まれ

毎回ワクワクさせられるような

冒険を繰り広げられるわけですから

面白くないわけがないですよね!!

 

当然、この映画は

公開するやいなや

海賊旋風を巻き起こし

ハロウィーンの仮装では、

ジャック・スパロウに仮装する人たちが

毎年、必ずいます。

 

今、4作公開されていますが

どれも大ヒットを収めています。

 

そして・・・

 

今年、前4作の続編となる5作目が公開されます。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

この映画では、いまだかつてない敵が現れ

またジャックスパロウを追い詰めるようです。

 

また今作で、ウィル・ターナー

出演するとかしないとか

 

こんな話を聞いたら

海賊ファンや、

パイレーツ・オブ・カリビアン」の映画ファンは

ワクワクしてしまいますよね!!

 

僕自身も例にもれず

今からもうすでに

ワクワクしています。

 

今回は、そんな「パイレーツ・オブ・カリビアン」の

裏話やトリビアなどを分かる範囲で集めてみました!!

 

では、簡単にあらすじから

あらすじ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

時は18世紀、カリブ海に面したポートロイヤルで

鍛冶屋のウィル・ターナー

スワン総督の娘、エリザベス・スワンは

お互いに恋心を抱いていた。

 

しかし、身分の違いからお互いの気持ちを表に出すことはなかった。

 

そんな時、ポートロイヤルが海賊に襲われる。

 

なんとその海賊は、剣で刺しても、銃で撃っても死ぬことはない

不死の海賊だった。

 

その海賊の目的がエリザベスの持つ金貨(アステカの金貨)にあり

エリザベスの命が

危ないと思った

ウィル・ターナーは、エリザベスを助けに行こうと町を疾走する

 

その途中で、牢屋に捕らわれていたうさん臭そうな海賊

ジャック・スパロウと出会い

エリザベスを助けようとするが

 

すでにエリザベスは、その海賊に連れ去られてしまっていた。

 

なんとかエリザベスを助け出そうとするウィルは

ジャックと一時的に手を組み

大海原へ、大冒険を始めるのだった。

 

f:id:hakurow:20170212142644j:plain

実は、その海賊達は、アステカの金貨を盗んだ事により

死ぬ事も出来ず

また、常に満たされることのない飢えに悩まされているのだった。

 

そして、ウィルと一緒に旅をしているジャックには

エリザベスを捕らえた海賊の船長

バルボッサに騙され

自身の愛船「ブラックパール号」を奪われると共に

無人島に一人残された過去があった。

 

自分用に残された一発の弾丸を大事に胸に抱きながら

島を脱出したジャックは

その弾丸をバルボッサに撃ち込むため

旅を続けているのだった。

 

また、海軍は、エリザベス・スワンを助け出し

海賊を殲滅するため

大航海を開始する。

 

そして物語はクライマックスへ

呪いを解いたウィル

 

バルボッサの胸に銃弾を撃ち込んだジャック

 

二人の活躍によって

不死の海賊は呪いを解かれ

海軍に捕らえられるのだった。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンチェスト」

前作から3年後、ウィルとエリザベスは

結婚を目前に控えていたが

なんと、以前に海賊ジャックに加担した罪で捕らわれてしまう。

 

東インド会社ベケット卿は

ジャックの持つ北を指していないコンパスを渡せば二人を開放すると言う。

 

一方、ジャックは、常に何かに恐怖をしていた。

それは、13年前に交わしたある契約が元になっていた。

 

その契約とは、血の契約と呼ばれ

13年間ブラックパール号の船長となる代わりに

13年経つと海の番人とも呼ばれ

船乗りに恐れられているディヴィー・ジョーンズの

フライング・ダッチマン号で100年間労働をしないと行けないというものだった。

 

f:id:hakurow:20170212142659j:plain

そしてジャックの手には、契約の終わりを示す刻印が現れる。

 

ジャックと出会ったウィルは、北を指さないコンパスを渡す代わりに

ある鍵を探す手伝いをするよう話を持ち掛ける。

 

そしてウィルとジャックは、

占い師ティアの元を訪れ

ディヴィ・ジョーンズの秘密を聞くことになる。

 

実は、この二人が探す鍵は

ディヴィ・ジョーンズの心臓を保管している箱を開ける鍵だったのだ。

 

そして、二人は鍵を求めて旅を始める。

 

また北を指さないコンパスは

実は、自分の今欲しいものを指す方向を指し示す羅針盤だった。

 

フライング・ダッチマン号には

ウィル・ターナーの父

靴ひものビルこと

ビル・ターナーが捕らえられており

ウィルが、フライング・ダッチマン号に捕らえられた時

ウィルを助けるため

尽力する。

 

そうこうしている内に

追い詰められたジャックとウィルは

ディヴィ・ジョーンズが操っている海の魔物クラーケンと対決する。

 

ウィルは持ち前のリーダーシップを発揮し的確に指示を行い

クラーケンと果敢に戦う。

 

一方、ジャックは、勝てないと思い込み

船から逃げ出してしまう。

 

最後は、戻ってきたジャックの弾丸にクラーケンは大きな傷を負う

しかし、クラーケンが本気を出し

船を潰しに来るとなすすべがなくなり

乗員は、すべて小船に乗り移り九死に一生を得るのであった。

 

ただ、その船に残されたジャックは、クラーケンに単身戦いを挑もうと

するが、その勢いもむなしく船ごと沈まされてしまう。

 

ジャックを失った事で

生気を失った一行は

ジャックを再び復活させるためには

どうすればよいのか相談をするために

占い師ティアの下を訪れる。

 

f:id:hakurow:20170212142723j:plain

まだジャックを復活させる方法がある事を知った

一行は、ある男と一緒に旅をする事を言われる。

 

その男とは・・・

 

なんと前作で死亡した

バルボッサだった。

 

その思いがけないバルボッサの登場に一行は驚きを隠せなかったが

ジャックを復活させるために

意思を固くしたのであった。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」

海賊狩りにますます力を入れ始めた

東インド会社ベケット卿は

 

ディヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ

ディヴィ・ジョーンズに海賊狩りを指示していた。

 

また、海の魔物クラーケンも

ベケット卿の計らいにより

ディヴィ・ジョーンズに殺されてしまった。

 

一方で、ジャックを死の世界から

復活させるため海図を頼りに冒険を続ける

バルボッサ一行は

ついにジャックを見つけ出し死の世界から救い出す。

 

その間、東インド会社は、海の覇権を握り

海を蹂躙していた。

 

ディヴィ・ジョーンズや

東インド会社に恐れをなした

海賊船長達は、ついに評議会

海の女神カリプソを復活させることにする。

 

そして、戦いはクライマックスへ。

 

復活した、海の女神カリプソの力によって

大嵐が吹き荒れる中

 

フライングダッチマン号と

ブラックパール号は激しい戦闘を繰り広げる。

 

そして、ついにディヴィ・ジョーンズを倒しますが

実は、心臓を刺したのはジャックではなく

機転を利かせたジャックの計らいにより

死にかけたウィルだった。

 

ウィルは、死なない代わりにフライングダッチマン号の船長となり

航海を続けないといけなくなり

また陸に上がるのも10年に一度となってしまったのだった。

 

エリザベスは、運命を受け入れ、ウィルと結婚をし

10年後、大きくなった子供をウィルに合わせるのだった。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

イギリスのロンドンで

ギプスは、ジャックと間違われ

捕らえられてしまい

裁判の時を待っている。

 

しかしそこに

ジャックが助けに来たが

イギリス軍の罠によって再び捕らえられてしまう。

 

そして、永遠の命を手にすることが出来るという

生命の泉に連れていくようにイギリス側から言われ

その時に現れたのが

 

片足が失くなった

イギリスの公爵になっている

バルボッサだった。

 

そのバルボッサの姿に違和感を感じつつも

協力を拒否し

 

偽物のジャック・スパロウがいるという

酒場へ行くと

なんとそこには

女海賊で、ジャックの元恋人の

アンジェリカがいた。

 

アンジェリカも、伝説の海賊

黒ひげことエドワード・ティーチの娘にして

黒ひげの右腕として

生命の泉を目指していた。

 

気を失ってしまったジャックは

アンの女王復讐号にいつの間にか乗組員として

乗ってしまう。

 

そして、ジャックは、アンの女王復讐号を奪う機会を狙う。

 

人魚の涙や、銀の杯など条件を満たしつつ

生命の泉にたどり着いた一行の一方で

 

バルボッサなども生命の泉に到着する。

 

バルボッサの毒塗りの刃に刺された黒ひげは

不死になる泉の水を飲もうとする。

 

しかしそこは、機転を利かした

ジャックにより阻止され

逆に泉に命を奪われてしまう。

 

かくして、後程到着したスペイン軍に

泉は破壊され

晴れてブラックパール号の船長に戻った

ジャックは、また大航海の旅に出るのだった。

 

そして話は、第5作

パイレーツオブカリビアン/最後の海賊」

へ・・・。

パイレーツ・オブ・カリビアン」裏話 トリビア

・「パイレーツ・オブ・カリビアン」はディズニー映画で初めて

 PG-13指定された映画。

 

・ジャックの銃は18世紀に作られた本物の銃を使っている。

 

・デッドマンズチェストでのラストシーンでバルボッサが出る事は

 出演者には知らされていなかった。

 

f:id:hakurow:20170212142609j:plain

・おばかな海賊ラゲットとピンテルはスターウォーズ

 C-3POR2D2がモデル

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊でガイコツたちに付着している

 肉は、ビーフジャーキー

 

ジャック・スパロウの髪飾りの一つがミッキーの形をしている。

 

パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊達で

 バルボッサが放った大砲の一つがミッキーの形になっている。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

 ペネロペ・クルスの代役に妹が出ていた。

 

・当時海賊映画は、まったくと言っていいほど大ヒットしなかった。

 

ジョニー・デップは生命の泉のスタッフ500人に防寒着をプレゼントした。

 

・生命の泉に日本人が登場している。

 

・「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」の映画製作費は

 製作費ランキング1位

 

・グーグルアースでパイレーツ・オブ・カリビアンの島を見ることが出来る。

 

・企画立案当初、ジャック・スパロウ役の第1候補は、ジム・キャリー

 ウィル・ターナーの第1候補ジュード・ロウだった。

 

・映画出演中ジョニー・デップは私物の指輪をしていた。

 

ジャック・スパロウの帽子はアディダス

元ネタ・伝説

 ・アステカ

 アステカは文明の名前で、コルテスも本当にいたようです。

 太陽を信仰しており、メキシコの地にあった文化です。

 

生命の泉

 これは、アレクサンドロスが探した若返りの泉を元にしたと言われています。

 もっとも、「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、ティム・パワーズの小説

 に出てきた若返りの泉が元になっています。

 

人魚伝説

 岩にたたずむ人魚はその美声で、通りがかる船の乗員を虜にし

 そのまま海に引きずりこんでしまうという伝説を元にしたのではないか

 と言われています。

 

カリプソ(カリュプソー)

 ギリシア神話に登場する海の女神

 

ディヴィ・ジョーンズ

 船乗りなどの間で信じられている悪霊で 

 水死や沈没船が海の底に沈んだ時は、「ディヴィー・ジョーンズの監獄」に

 送られたと揶揄されています。

 

フライング・ダッチマン

 イギリスの伝承にある幽霊船の事

 オランダ人船長が風を罵った事で、呪われ、海をさまよっています。

 悪天候の際に現れるとされています。

 

エドワード・ティーチ(黒ひげ)

  自在した海賊で、イギリス海軍スカーボローという

 軍艦を撃退した事が彼を有名にしました。

 

東インド会社 

 アジア地域の貿易独占権を与えられた特許会社。

 

・クラーケン

 北欧伝承の海の怪物

 タコやイカなどの頭足類の姿をしていると言われています。

 この伝説は、多くあり、急に船が動かなくなった時などは

 クラーケンが現れる前触れだと言われています。

まとめ

とりあえず今僕が知っている範囲で

パイレーツ・オブ・カリビアンの元ネタや

伝説などを記載しました。

f:id:hakurow:20170212143330j:plain

今後も、もし、元ネタになった話や面白そうな話が出てこれば

記載をしていこうと思っていますので

是非、よろしくお願いします。

 

 ではでは!!今回はこの辺で!!