読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、観てみたい社会派ドラマ映画「ルーム」!4月8日公開!!

こんにちは!!

 

先日、映画最高峰とも言われる賞の祭典

アカデミー賞が行われました。

 

そこで、主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン!

そのブリー・ラーソンが受賞のきっかけとなった映画が

今回、ブログに書こうかなと思っている

「ルーム」です!!

f:id:hakurow:20160323102051j:plain

 

この映画、

前評判及び、CMを観たり小説を少し観ましたが

今までの映画とは、まったく違う切り口から、親子の愛を描いています。

 

年齢のせいで、最近涙腺がゆるくなってきているのか

この映画のCMを観るだけで何故か泣きそうになってしまった

ドーモ!!hakurowです!!

 

この「ルーム」という映画

映画の序盤では、

親子が、仲良く暮らしているんだなという印象を受け

 

子供がテレビの人は偽者と言ってみたり、

葉っぱは本物と言ったり、

物を人のようにして見て挨拶をしたりと

ここまでは、子供特有の物を人物とみなして話しかけたり

ごっこ遊びをして楽しんでいるのかなと思うばかりだったのですが

f:id:hakurow:20160323102115j:plain

 

 

じょじょに

うん・・・なんかおかしいぞ・・・。

 

 

と思い始めるようになります。

そして、その真相に気づいた時、まず驚きを隠せません!!

f:id:hakurow:20160323102129j:plain

実は、この主人公の子供と母親は、なんと監禁されていたのです!!!

 

 

その年月・・・

実に7年!!

 

 

子供が5歳ですから、

子供は外の世界を一切知らずに育ってきたという事なんですね!!

 

なので、子供にとっては、その監禁部屋自体が全てであり、人生だったのですね!

 

そして、母親は、自分の息子になんとか本当の世界を見せるために

脱出を試みようとします。

f:id:hakurow:20160323102150j:plain

ここまでで、サスペンスとしてすごくいい映画が出来そうなものですが

この映画実はココからが始まりなんですね!!

 

 

普通は、7年間監禁されていたわけですから

この脱出をする際に上手く逃げる事が出来るのか、

はたまた、どんな作戦を立てるのか。

結末はどうなるのか。

といった所を見せる映画が、普通の映画の見せ方だと思うのですが

f:id:hakurow:20160323102207j:plain

 

この映画は、脱出してからの二人の今後についてが

本題になっています!!

 

 

この主人公達が、どう生きていくのか。

また社会に適応していけるのか。

 

 

そういったところが、主題になり、この映画をただ単なる

監禁サスペンス映画ではなくて

社会性のある、感動ドラマに仕上げているように思います!!

f:id:hakurow:20160323102237j:plain

僕が、この映画を観てみたいと思った理由はここにあって

今までの映画で、大体、面白いなと思ったものは、

映画のジャンルが一つか二つに絞られており、そのジャンルで

いろんなものを付け足し、映画の質を上げているという物が多かったのですが

 

 

この映画は、前半と後半で、がらりとジャンルが変わります。

前半は、サスペンステイストで描かれ

後半は、社会派ドラマとして描かれています。

主題は、社会派ドラマの方だとは、思うのですが

僕は、その移り変わりや、果たしてその二つのジャンルをどう描いていくのか

と非常に興味があります。

 

 

また、批評家の方々の評判もよく、

映画の数々の賞も受賞しているとの事で

そういった意味でも是非観てみたい作品です!!

 

 

また、主役の子供がめちゃくちゃかわいいんです!!

その子供が、頑張って、お母さんを助け

社会に適応しようとしていく姿には、

必ず心が打たれるでしょう。

 

 

またセリフなども心に刺さるセリフが多いようで

最後の方のシーンで、母親が上手く社会に適応できない中で、

子供に、母親が

「私は、だめな母親だ」

と言います。

 

そこで子供が

・・・・。(このセリフは、映画を観て感じて頂いた方が良いと思いますので

      あえて伏せさせて頂きます。)

と言葉を返します。

その言葉に胸を打たれる親御さんは、多いのではないでしょうか!!

 

 

僕自身この言葉を、ある場所で聞いた時、子供は子供で成長しているんだなと思い

子供にとって、親は、どんな人であれ親なんだなと強く思いました。

 

 

そして、親が思っている以上に、子供は成長し

いつか親を追い抜いていく存在なのかなとも思いました。

f:id:hakurow:20160323102312j:plain

とにもかくにも

まだ、前評判だけで、本編を観ていませんので

しっかりと観て、自分なりに考えてみて

またレビューを書かせて頂ければと思っています。


映画『ルーム』予告編

 

ではでは!!今日はこの辺で!!