読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの瞬間何があったのか!?生死を分けた30秒間の実話!!「ハドソン川の奇跡」9月24日公開!!

こんにちは!!

 

あのしぶいおじいさんがまたやってくれそうです!!

 

そのしぶいおじいさんといえば

クリント・イーストウッド監督です。

 

この前は、アメリカン・スナイパーでアメリカ史上最高の狙撃主の半生を

見事に描き出しました!!

 

今回の映画は、2009年1月に発生した空前の飛行機事故

全世界から奇跡とも称された出来事を描きます。

 

題名は

ハドソン川の奇跡9月24日公開!!

f:id:hakurow:20160603095154j:plain

皆さんは覚えてらっしゃいますか。

 

当時、連日ニュースでやってましたよね。

 

未曾有の飛行機事故にも関わらず

乗員155人が全員無事に救出されたという奇跡の事故です。

f:id:hakurow:20160603095204j:plain

川で、助けを待つ人々の映像がよく流れていましたよね。

 

そして、事故の後から、交信記録が発表され

その時何が起こり

管制塔と、どういうやり取りが行われたか

緊迫の時間がわかりました。

 

その時の機長のなんと冷静な事。

 

途中で

交信は途絶えてしまいますが

 

途絶えてから約2分後に、ハドソン川に無事不時着をしたんですね!

 

本当にすごい奇跡のフライトと呼べるのではないでしょうか。

f:id:hakurow:20160603095233j:plain

当時、僕はその映像を観て

機長ってかっこよすぎる

僕がCAやったら間違いなく

惚れているやろうなと

思った

ドーモ!!hakurowです!!

 

その奇跡の瞬間を

クリント・イーストウッドが映画にしました。

 

そして

キャストはなんと

どんな役をさせても、大絶賛の嵐が吹き荒れる

トム・ハンクスです!

 

この二人がタッグを組み

未曾有の飛行機事故に挑みます。

 

いやあ!絶対に面白いでしょう!!

 

ダブルバードストライクという珍しい事故に見舞われた

飛行機の緊迫した時間

f:id:hakurow:20160603095251j:plain

それをこの二人がどう描いていくのか

非常に気になるところです。

 

アメリカン・スナイパー

で、実在の狙撃主を見事に描ききっていますから

今回も期待してもいいんではないでしょうか。

 

そして

脇を固めるのが

ローラ・リニー

知る人ぞ知る演技派女優ですよね!

 

アーロン・エッカート

この俳優は

ダークナイト」でトゥーフェイスを演じていた

俳優です。

 

こういったベテラン俳優達

しぶい演技の出来る俳優を

引き連れて、この映画に取り組みました。

 

こういった部分を見ると

この映画に引き込まれる事間違いなしなのではないでしょうか。

 

また、トム・ハンクス

この映画を、白髪で演じているらしく

その普段見た事がないトム・ハンクスを見れるのも

面白いかも知れませんよね。

 

ストーリー自体は

実話ですので

もう大筋は分かると思いますが

 

それをどう描くか。

 

また、俳優がどう演技をし、魅せてくれるのか

 

そしてあの緊迫の瞬間を

上手く描き、観客にどう表現してくれるのか。

 

そういったところに重点を置いて

この映画を観ていこうと思います。

 

俳優としては、もちろんの事

監督としても非常に評価の高い

クリント・イーストウッドですから

面白い、そしてかっこよく魅せてくれる

映画に仕上がっていると思います。

f:id:hakurow:20160603095307j:plain

それ以外に、トム・ハンクスが出演する映画は

シリアスな映画でも、

ちょっとコミカルな表現があったりするのですが

 

そういった、僕が大好きなトム・ハンクス特有のコミカルな演技は

この映画では発揮されるのか

そこにも、個人的に注目をしています。

 

とにもかくにも

面白い事は間違いないと思いますので

もしこの時期

何か、映画を観たいなあと思われている方が

いらっしゃいましたら

是非この映画を観て頂ければいいのではないかなと思いました。

 

また、僕自身も、友人などと、映画の話を肴に

お酒を飲んだりするのですが

この映画を観て

この映画について

友人と酒を飲みながら

じっくりと話し合いたいと思います。

 

そして、この映画を観る前に

クリント・イーストウッドが監督をし

日本でもリメイクをされた秀作

「許されざるもの」

また、先ほどから話題に挙げている

アメリカン・スナイパー

をもう一度観て

クリント・イーストウッドの世界にどっぷりと浸かりたい

と思っています。

 

ではでは!今日はこの辺で!!