読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その家で音を出してはいけない!!サム・ライミ製作!!盲目スリラー!!「ドント・ブリーズ」12月16日公開!!

こんにちは!!

 

今回ご紹介させて頂こうと思っている映画は

製作に、ホラー映画から

スパイダーマンなどアメコミヒーローものまで

撮り、コメディまで製作をこなす

サム・ライミ

 

監督に

ホラー映画は今作で2作目となる

フェデ・アルバレス

 

この二人は、以前に

死霊のはらわた

のリメイクでタッグを組んでいます。

 

昔の、「死霊のはらわた」も面白かったですが

2013年のリメイク版「死霊のはらわた」もすごくドキドキハラハラしましたよね。

 

その二人が再びタッグを組みます。

 

そして今回は、

死霊や

ジェイソン的な怪物が恐怖の対象ではなく

 

なんと・・・。

 

老人が恐怖の対象なのです。

 

しかも

この老人、盲目なのです。

 

ええーー。

そんなの全然怖くないやん!!

 

って感じですが

ところがどっこい

CMを見ただけで

めちゃめちゃドキドキハラハラしました。

 

といいますのも

この盲目の老人

めちゃめちゃ強いのです。

 

そして、その家に

強盗に入った3人の若者

 

絶対に音を立ててはいけない家で

3人の若者の逃亡劇が始まる。

 

「ドント・ブリーズ」

12月16日公開です!!

 

f:id:hakurow:20161108005138j:plain

クリスマスには、一人でさみしく

映画でも観に行き

心だけでもあったまろうと思っている

ドーモ!!hakurowです!!

 

いやー!

今回の映画は怖そうですねえ!

 

幽霊でもなく

モンスターでもなく

屈強な人間が襲ってくるわけでもなく

 

どちらかと言えば

若者に比べれば

圧倒的に不利なような気がする

老人が相手で

しかも、盲目というハンデ付き

 

それが逆に、この映画のスリル感を盛り上げているように思います。

 

CMを見るだけで

こっちまで音を出したらいけない気がしちゃいますもんね。

 

そんな気になるあらすじです!

あらすじ

デトロイトに住む

マニー、アレックス、ロッキーの若い3人は、昔からの悪友でした。

 

レックスの父親が経営している警備会社から

セキュリティを導入している家の鍵を盗み出し

窃盗を繰り返しては

その品物を売りさばいていたのでした。

 

そしてその理由とは、

ロッキーは、妹と

母親の育児放棄

アルコール中毒の彼氏から逃れるために

カリフォルニアへ行く資金を貯めるために窃盗を行っていたのでした。

 

ですが、なかなかお金が上手く貯まらずに

もやもやしていたところにひょんな事から

デトロイトの郊外に住んでいる盲目の退役軍人がなんと

30万ドルを手にしている事を知ります。

 

そして、3人は、その退役軍人の家に忍び込み

30万ドルを盗もうとするのでした。

 

決行日

 

難なく、家に忍び込んだ3人は

金を探し始めます。

f:id:hakurow:20161108005210j:plain

なかなか金を見つける事が出来ない3人は

ロックがかかった一つのドアを発見します。

 

そして、そのドアをマニーが銃を使って破壊します。

 

その音に気付いた盲目の退役軍人が

その部屋にやってきます。

 

誰かいるのか・・・。

問いかける老人

f:id:hakurow:20161108005222j:plain

3人は音を立てないように気を付けますが

ドアを破壊された事に気づいた老人は

マニーに近づきます。

 

マニーが

威嚇射撃を行うも

老人は構わずマニーに近づき

素早い動作で、銃を奪います。

 

マニーの命乞いも束の間

マニーに向かってためらいもなく老人銃を撃ちます。

 

そして、そこから

音を決して出すことができない

二人の逃避行が始まる事になります。

f:id:hakurow:20161108005242j:plain

また、この家には、もう一つ

信じられない秘密がありました。

 

それは、地下室にあります。

 

二人が命からがら逃げてきた地下室で見たものとは一体・・・。

 

果たして、二人は生き延びる事が出来るのでしょうか。

キャスト・監督

ジェーン・レヴィ

スティーブン・ラング

ディラン・ミネット

ダニエル・ゼバット

 

監督

フェデ・アルバレス

まとめ

この映画は、公開されるなり

アメリカで大ヒットしたそうです。

確かに、ホラー映画界でも有名で

普通の映画を撮らせても非常に面白い

サム・ライミが製作を担当し

 

設定が、普通なら圧倒的弱者のはずの

盲目の老人が

実は、めちゃめちゃ強くて

しかも、人を殺す事をなんとも思わず

映画が進んでいくにつれて

この老人の狂気も見えるようになってくるのですから

面白い事間違いなしですよね。

 

また普通に逃げるのではなく

この盲目という事を理由し、まったく音を立てず

動かず

老人が横を通り過ぎるという

シチュエーションは

ホラー映画としては、

結構新しいシチュエーションで

ハラハラドキドキするのではないかなと思っています。

f:id:hakurow:20161108005255j:plain

とにもかくにも、この映画が公開されるのは

12月16日

 

冬も本格的になってきている季節に

映画館に行って、あえてキンキンに冷える思いをするのも

ありなのではないかなと思いました。

 

僕自身はこの映画は絶対観ようと思っています。

 

ではでは!!今日はこの辺で!!